文学部 コミュニケーション情報学科
コミュニケーション情報学コース


課題を解決するために、分野を超えた知を結集

コミュニケーション情報学

実践英語とIT活用およびメディア表現といった基礎スキルを強化しながら、コミュニケーションの心理、言語・非言語コミュニケーション、マスメディアやコンテンツにおけるコミュニケーション、経営やビジネスでのコミュニケーションなどを学びます。また、海外留学やインターンシップ(就業体験)、クリエイターなどの外部講師を招いた授業など、実践的な教育を行っていることが特徴です。
履修モデル『コミュニケーション情報学』イメージ画像
履修モデル『コミュニケーション情報学』イメージ画像
  • コミュニケーション情報学科特殊講義
  • 比較文化コミュニケーション論
履修モデルカリキュラム例

4年間の学び

言語コミュニケーションや情報、メディアといった多様な分野から自らが設定したテーマを追求

1年次

コミュニケーションに関する基礎的な考え方の他、英語と日本語の高度な運用能力を養います

  • コミュニケーション情報学科基礎科目スタート
  • コースを選択

2年次

コミュニケーションやメディアといった専門分野に関する知識やスキルを学びます

3年次

「課題研究」などでの自己学習や議論を通じて、卒業論文に向けた研究テーマさがしを開始します

  • 指導教員の決定

4年次

高度な専門知識や技能を身につけながら、卒業論文の作成に本格的に取り組みます

  • 卒業論文中間報告

多様な情報や知識を編集することで、ヒトやモノの媒介に。

特集

コミュニケーション情報学コースを
専攻した在学生の声をご紹介します。

阿蘇を舞台とした旅企画を提案。現実の社会課題や疑問に対して、様々な分野の知識やノウハウで挑む。

コミュニケーション情報学科
コミュニケーション情報学コース2年

七島 光紀さん

七島 光紀さん画像

コロナ渦において自宅で過ごしながら悶々とするなか、
ある日先生から誘われたのは、テレビ局主催の地域活性化プロジェクトへの参加。
入学してから顔を合わせて話すことがほとんどなかった学生同士でチームを組み、
阿蘇市を舞台とした旅行プランの策定とPR動画の制作を行いました。
公共交通機関と自分の足だけで移動する不便さはありましたが、
子どもの成長を促すファミリー旅行企画は、これまでにない旅企画として好意的に受け止めてもらえました。
仲間とキャンパスで過ごす学習環境が失われた状況は続いていますが、
このプロジェクトを通じて、苦境のなかでも観光を盛り上げようとする人々の営みの「現場」、そして私たちメンバーが色々な考えやアイデアを議論しながら組み上げていく「協働」に、高校生の時とは異なる学びを発見することができました。
コミュニケーション情報学科のウリは、現実の社会課題や疑問に対して、
様々な分野の知識やノウハウを求めて挑んでいくこと。
コロナ禍で活動が色々と制限されるなかでも、
本学科での刺激的な学びは止まることはありません。