歴史学科

歴史はダイナミックな構造体

歴史の研究は、過去の事象について、実際はどうだったのか、当時の社会でどういう意味を持っていたのか、またそれが今日どういう意味を持っているのかを実証的に研究し、これをとおして、時代という矛盾にみちた巨大でダイナミックな構造体を把握する科学です。個々の成果が集約され、解釈が加わって、ようやく一つの歴史像ができあがります。
歴史像の構築を目指して、熊本大学の歴史学科は、世界システム史学コース、歴史資料学コースの2コースからなります。世界システム史学コースには、アジア史、西洋史、文化史学があり、歴史資料学コースには、考古学、日本史があります。皆さんは2年次に自らの希望に基づいていずれかを選択し、専門的学習と研究を始めます。

つながるアジア史と西洋史

歴史学科では、世界を一つのまとまったシステムとしてとらえています。世界の歴史がそれぞれに個性をもった各国・地域の相互に影響しあう仕組みの中で展開してきたことをふまえ、広がりのある歴史研究を目指します。このようにみると、アジア史学と西洋史学は密接にかかわっています。

柔軟な思考の文化史学

こうした見方とは別の角度から歴史を考えるのが、文化史学です。ここでは、近代世界形成期の社会思想を中心として、グローバルな視野で学習します。比較史・相互交流史などの方法を用い、知・人権・交流をキーワードとした多面的なアプローチによって、柔軟な思考態度と国際的視野を身につけることをめざします。

実証的作業の日本史・考古学

歴史学の基礎にある「文字」と「もの」という根本資料をもとに、実証的作業を積み重ねて歴史を組み立てていくのが、日本史学・考古学の世界です。ここでは、古文書講読や遺跡の発掘調査などが、教育の大きな比重を占めます。
このように歴史学科の分野はそれぞれに特徴をもっていますが、どの分野を選ぶにしても、史料・資料の収集と、これを分析するための方法を磨くことが鍵です。そのために、専攻に応じて古文書、漢文、外国語、古典語などの読解力も要求されます。こうした鍛練の末、4年次には各自の学習と研究の成果を卒業論文として提示することになります。

社会人として

歴史学科の卒業生の進路は、官公庁・各種団体、博物館学芸員、教職、マスコミ・出版・印刷業、商社、製造・建設業、情報・サービス業、金融・保険業、大学院進学等です。

授業風景

  • 歴史学科 授業風景1
  • 歴史学科 授業風景2
  • 大学院社会文化科学研究科
  • 熊本大学文学部附属永青文庫研究センター

国立大学法人熊本大学 文学部

〒860-8555
熊本市中央区黒髪2丁目40番1号
TEL:096-342-2317
FAX:096-342-2310