研 究 室 に よ る 発 掘 調 査 情 報

2 0 1 6年 度
熊本県上天草市
大道(おおどう)鬼の釜古墳
測量調査
日 誌
 2016年8月24日〜8月31日に実施。
 2016年度のメインの実習発掘調査も、9月、長崎県対馬で行われます。
 そこで杉井は、昨年度に引き続き阿蘇市上御倉古墳の墳丘測量調査を実施すべく準備を進めていましたが、2016年4月14日の前震、16日の本震に始まる平成28年(2016年)熊本地震の影響により、本年度夏に阿蘇で調査することを断念しました。
 でも、これはあくまで、中止ではなく、中断です。

 とはいえ、何も測量しないままでは、学生の力量も上がりません。
 そこで、ゴールデンウィークに実施する予定でしたが地震のため中止とした上天草市大道(おおどう)鬼の釜古墳の測量調査を、今夏の8月下旬に実施しました。
 急遽の実施でしたが、対応して下さった上天草市の皆様には、心から感謝いたします。

 この調査は上天草市史姫戸町・龍ヶ岳町編編さんの一環。
 いつもの自炊ではなく、三食付き。
 宿泊は民宿で、生活面はとても快適でしたが、連日37度を超える気温のなか、とても暑い現場でした。

 執筆は、准教授の杉井健です。
2 0 1 5年 度
熊本県阿蘇市
上御倉古墳横穴式石室
測量調査
日 誌
 2015年9月1日〜9月15日に実施。
 2015年度のメインの実習発掘調査は、長崎県対馬の腰高遺跡・夫婦石遺跡を対象に行いました。
 そこで杉井は、4年間続いた阿蘇市平原古墳群の発掘調査をいったん中断し、同じ阿蘇市に所在する上御倉古墳横穴式石室の測量調査を企画しました。
 上御倉古墳は国造神社のすぐ近くにある後期の円墳。
 とても立派な横穴式石室を内部主体としています。
 その石室実測調査、および3D測量の様子をご覧下さい。
 執筆は、准教授の杉井健です。
2 0 1 4年 度
熊本県阿蘇市
平原古墳群6号墳発掘調査
2・3号墳測量調査
日 誌
 2014年8月18日〜9月12日に実施。
 平原古墳群の調査は、2011年度の測量から数えると4年目を迎えます。
 6号墳では墳頂部にもトレンチを設けました。また、6号墳の発掘調査と並行して2・3号墳の測量調査も行いました。
 執筆は、准教授の杉井健、そして調査に参加した学生たちです。
2 0 1 3年 度
熊本県阿蘇市
平原古墳群6号墳発掘調査
日 誌
 2013年8月18日〜9月14日に実施。
 昨年度に引き続き、平原古墳群6号墳を発掘調査しました。
 調査次数ですが、1980年代初頭の熊本県教育委員会等による調査を第1次、2011〜2012年に実施した測量調査を第2次と整理しましたので、昨年度の発掘調査は第3次調査となります。
 ですので、今年度の調査次数は、第4次。
 昨年度調査できなかった墳丘南側に新たなトレンチを設け、また、昨年度の西1トレンチ、北1トレンチを墳頂部近くにまで延ばしました。
 今後も、調査を継続させていきたいと思っています。
 執筆は、准教授の杉井健です。
2 0 1 2年 度
熊本県阿蘇市
平原古墳群6号墳発掘調査
日 誌
 2012年8月19日〜9月15日。古墳の発掘調査は4年ぶり。
 調査対象は、阿蘇市山田にある平原古墳群。
 新たなフィールドとして阿蘇を選び、地元の方々の心温かい協力のもと、発掘調査を開始しました。今後も継続して調査・研究を行っていきたい地域です。なお、測量調査は2011年11月に行っています。
 執筆は、准教授の杉井健です。
2 0 1 1 年 度
熊本県上天草市
カミノハナ古墳群測量調査
日 誌
 2011年8月17日〜28日。3年ぶりの古墳の調査です。
 調査対象は、上天草市松島町にあるカミノハナ古墳群。
 1981・1982年に熊大によって発掘調査されていますが、それから30年ぶりに測量図の作成を行いました。
 執筆は、准教授の杉井健です。
2 0 0 8 年 度
熊本県上天草市
千崎古墳群発掘調査
日 誌
 2008年8月25日〜9月23日。千崎古墳群の調査5年目。次数は第7次。
 執筆は、准教授の杉井健です。
2 0 0 7 年 度
熊本県上天草市
千崎古墳群発掘調査
日 誌
 2007年9月10日〜10月6日に実施。千崎古墳群の調査4年目。次数は第6次。昨年度やり残した5号墳横穴式石室の実測調査、そして墓壙の断ち割り調査、それから10号墳石棺棺外の副葬品有無の確認調査を実施しました。
 今年で調査に一区切りつけるつもりでしたが、一部に不十分な点があるので、次年度にもう一度、調査を実施する予定です。
 執筆は、准教授の杉井健、そして現場参加の学生さん達です。
2 0 0 6 年 度
熊本県上天草市
千崎古墳群発掘調査
桐ノ木尾ばね古墳実測調査
日 誌
 2006年8月28日〜10月16日に実施。千崎古墳群の調査3年目。次数は第5次。5・10号墳の主体部を発掘調査しました。桐ノ木尾ばね古墳の主体部残存状況についても実測図を作成。調査期間が50日に及び、熊本大学始まって以来の長期間の発掘調査となりました。
 でも、千崎5号墳の石室実測図作成および断ち割り調査は時間切れで実施できず。仕切り直しです。
 なお、執筆は、助教授の杉井健、そして現場参加の学生さん達です。
熊本県上天草市史関連
遺跡の分布・現状調査
日 誌(古墳編)
 2006年4月29日〜5月3日に実施した熊本県上天草市史関連天草所在古墳(遺跡)調査の様子です。
 執筆は、助教授の杉井健です。
2 0 0 5 年 度
熊本県上天草市
千崎古墳群発掘調査
広浦古墳測量調査
日 誌
 2005年9月11日〜9月28日実施。千崎古墳群は昨年度に引き続いての調査(第4次調査)となります。広浦古墳は戦前に京都大学が調査して以来の調査。
 執筆は、助教授の杉井健です。
熊本県西原村
河原第3遺跡(旧石器)の
発掘調査
日 誌
 2005年8月17日〜9月1日に実施した阿蘇所在の旧石器時代の遺跡−河原第3遺跡第6次調査の様子です。
 調査は今年度で一区切り。次年度に正式報告書刊行を目指します。
 執筆は、大学院博士課程1年の芝康次郎君。思い入れ一杯に書いてくれています。
熊本県竜北町
大野窟古墳横穴式石室の
実測調査
日 誌
 2005年8月11日〜8月21日、竜北町教育委員会に協力する形で実施した熊本県竜北町所在大野窟古墳横穴式石室実測調査の様子です。
 執筆は、助教授の杉井健です。
熊本県上天草市
大矢野町域所在遺跡の
分布調査
日 誌
 2005年4月29日〜5月3日に実施した熊本県上天草市大矢野町域所在遺跡の分布調査の様子です。これも、上天草市史大矢野町編編纂の一環となる調査です。
 執筆は、助教授の杉井健。そのせいで、古墳に関する記述が多くなってしまいました・・・
2 0 0 4 年 度
熊本県上天草市
千崎古墳群発掘調査
長砂連古墳実測調査
日 誌
 2004年8月31日〜9月16日に実施した熊本県上天草市所在の千崎古墳群・長砂連古墳調査の様子です。上天草市史大矢野町編編纂の一環となる調査です。
 熊本大学考古学研究室による調査の雰囲気を感じ取っていただければうれしいです。執筆は、助教授の杉井健です。