センターについて

設置の趣旨・目的

熊本大学文学部では、「教育・学術文化における地域連携と社会貢献」を目的として、
高度な学術研究活動を行い、その知的資源を地域社会に還元するとともに、研究者等の人材育成に努めている。

この目的を実現するためには、文学部を中心に展開している熊本大学拠点形成研究B(「永青文庫」資料等の世界的文化資源に基づく日本型社会研究)の実績を基に、永青文庫史資料について人文社会科学系の研究発展に寄与する基礎的及び学際的研究を進展させることが有効である。

これらのユニークな研究の進展を図るためには、本学部に永青文庫史資料に関する研究組織を設置する必要がある。これにより、本組織を核として熊本県、文化行政機関等と連携し、地域に根ざした貢献を通じて、文化振興の発展に寄与することも可能となる。将来的には、社会文化科学研究科等関係部局との共同研究に発展させて人文社会科学系におけるグローバルCOEの取得を目指すなど、本学部がさらなる発展を遂げるためには本研究組織の整備は極めて重要である。

上を踏まえて、永青文庫史資料の総合的な研究を通じて当該史資料に立脚した拠点的研究を組織し、かつ文化行政機関等との連携によって地域文化振興に貢献し、もって人文社会科学系分野を中心とした研究及び文化振興の発展に寄与する人材の育成に資することを目的として、本センターを設置することとする。

<概要図>
概要図
※クリックすると拡大します

  1. 研究
    研究・出版活動を通じて、わが国随一の大名家文書群たる永青文庫史資料を利用した人文社会科学研究の拠点としての熊本大学の存在を国内外にアピールし、優秀な人材を確保することによって、本学人文社会科学系における特色ある研究・教育拠点の構築へと発展させることが可能となる。
     
  2. 教育
    歴史資料群・文学資料群等の現物を解析する作業を継続することによって、資料学に立脚した力量ある若手研究者を育成することが期待される。さらに、研究者育成の実績を積み重ねることによって、当該研究分野における中核的教育拠点の構築へと発展させることが可能となる。
     
  3. 地域貢献
    文化行政諸機関との連携事業を通じて熊本文化・近世熊本藩地域文化研究を促進し、かつ、永青文庫史資料群の国指定を目指す基礎研究を推進することによって、地域文化研究及び文化行政に対するかつてない貢献(地域文化貢献)を実現することができる。
     
  4. 共同利用研究支援体制の構築
    本センターの教育研究活動が評価され、熊本県、文化行政機関等との連携実績を積むことにより、本センターの事業の継続性が担保される。さらに、将来的には文学部を中心に、社会文化科学研究科、附属図書館、五高記念館等関係部局と共同して、人文社会科学系初の学内共同教育研究施設を整備することにより、「人文社会科学系の重点研究を支援し、個々の独創的研究及び学際的な共同研究を支援するための共同利用研究支援体制を構築する」(「熊大プラン2008」)ことにつながる。