氏 名

茂木 俊伸

MOGI Toshinobu
職 名 准教授
所 属 文学科   東アジア言語文学コース
連絡先 TEL  | FAX 
Email tmogi*kumamoto-u.ac.jp(*を@に変更して送信してください)
サイト等 http://www.let.kumamoto-u.ac.jp/literature/asia/nihonbungaku/tmogi/

専門分野・研究分野

 日本語学(現代日本語の文法・語彙)

研究内容

(1) 現代日本語の文法研究(特に,「とりたて」や強調の意味を表す表現の分析)
(2) 現代日本語の語彙研究(特に,外来語や方言語彙の意味の分析)
(3) コーパス(電子化された言語データ)を使った文法・語彙の研究

主要な業績等

【著書】
  • 『私たちの日本語研究―問題のありかと研究のあり方―』(定延利之(編)),朝倉書店,2015年5月(共著)
  • 『日本語文法事典』(日本語文法学会(編)),大修館書店,2014年7月(項目執筆)
  • 『外来語研究の新展開』(陣内正敬・相澤正夫・田中牧郎(編)),おうふう,2012年10月(共著)
  • 『私たちの日本語』(定延利之(編)),朝倉書店,2012年2月(共著)
  • 『国会会議録を使った日本語研究』(松田謙次郎(編)),ひつじ書房,2008年5月(共著)
【論文】
  • 「コーパスを用いた外来語サ変動詞の分析-「マークする」を例として-」『文学部論叢』106,pp.83-95,2015年3月
  • 「ウェブを活用した日本語研究文献情報の収集」『日本語学』32(14),pp.18-30,2013年11月
  • 「「正しい文法」に頼らないことばの使い手を育てるために」『日本語学』32(6),pp.36-47,2013年5月
  • Towards the Lexicographic Description of the Grammatical Behaviour of Japanese Loanwords: A Case StudyActa Linguistica Asiatica 2(2),pp.21-34,2012年10月
  • 「「ばかり」文の解釈をめぐって」,『日本語文法』2(1),pp.171-189,2002年3月

社会的貢献・活動等

社会的活動(地域)

  • 授業開放(2014年度後期~)
  • 出前授業(慶誠高等学校,2014年12月4日(木))

社会的活動(学会等)

  • 日本語文法学会 総務委員(2000年12月~2004年3月),学会誌委員(2010年4月~2013年3月)
  • 日本語学会 庶務委員・情報電子化委員(2009年6月~2012年5月)
 

主要な所属学会

 日本語学会,日本言語学会,日本語文法学会,関西言語学会,計量国語学会