最終更新:2017-04-03

はじめに

このウェブページでは,熊本大学大学院社会文化科学研究科の次のコース・領域についてご紹介しています。

大学院(修士)
大学院(博士)

受験を希望される皆さんへ

熊本大学大学院の「社会文化科学研究科」には,博士前期課程(修士課程,2年間)と博士後期課程(博士課程,3年間)があります。
博士前期課程で日本語・日本文学を研究する場合,目的によって,「研究コース」としての「日本・東アジア文化学研究コース」と,「専門職コース」としての「高校国語教員専門職コース」という2つのコースを選ぶことができます。
これらのコースはそれぞれ別のカリキュラムを持っていますが,授業や研究室における学生の交流は活発に行われています。なお,「高校国語教員専門職コース」は,社会人学生(現職教員)の受け入れ実績もあります。

各コースの情報については上のリンクを,研究科の概要については,下記の熊本大学および研究科の公式ページをご参照ください。

出願方法や入学後のスケジュール,社会人学生への対応については,下記の研究科の公式ページをご確認ください。

入試情報については,熊本大学の公式ページをご参照ください。

なお,大学院入学前に,研究生あるいは科目等履修生として在籍することを希望される方は,事前に,以下のページを十分にご確認ください。


担当教員

大学院の各課程では,以下の教員が日本語・日本文学に関する教育研究指導を担当しています(五十音順)。


学生数

現在の日文研究室の所属学生数は,次のとおりです。


また,最近6年間の修了生の数は,次のとおりです。


論文題目

最近5年間の修士論文の題目の例は,次のとおりです。

最近9年間の課程博士論文の題目は,次のとおりです。内容等については,下のリンク先をご参照ください。


授業

前期課程で開講されている授業をいくつかご紹介します(平成29年度分)。
以下のリストの授業名をクリックすると,大学公式のシラバス(授業概要)のページが開きます。

日本語学(古典語)

 担当:坂口 至

日本語学(現代語)

 担当:茂木 俊伸

日本文学(古典文学)

 担当:竹島 一希

日本文学(近現代文学)

 担当:坂元 昌樹


ページのトップへ戻る