シンジルト研究室ニュース

民族誌の拡張に関する座談会

■名称
マルチスピーシーズ人類学と民族誌
 
■日時
2019年7月28日(日)15時~19時
 
■場所
熊本大学・文法学部本館・小会議室(地図番号 01)
 
■趣旨
民族誌はマルチスピーシーズ人類学においてどのような役割を果たしてきたか。種間関係の解明を目指すマルチスピーシーズ人類学は民族誌およびそのベースとなるフィールドワークにどのような変化を求めているか。この座談会では、両者の相関関係について論じながら、民族誌概念の拡張がいかに可能なのかを模索していきたい。
 
 
■登壇者
飯嶋秀治×石倉敏明×川瀬慈×近藤祉秋×シンジルト
 
■司会
佐藤岳詩
 
■登壇者紹介(50音順)
飯嶋秀治(九州大学、共生社会学、水俣研究)
石倉敏明(秋田公立美術大学、芸術人類学、神話研究)
川瀬慈(国立民族学博物館、映像人類学、アフリカ研究)
近藤祉秋(北海道大学、文化人類学、アラスカ先住民研究)
佐藤岳詩(熊本大学、哲学、動物倫理)
シンジルト(熊本大学、社会人類学、内陸アジア研究)
 
■主催
基盤研究(A)「種の人類学的転回:マルチスピーシーズ研究の可能性」
 
■参加費など
無料。申し込み不要。
 
■お問い合わせ
シンジルト  TEL:096-342-2470
      メールアドレス:shinjilt[at]kumamoto-u.ac.jp
              ※[at] を @へ変更してください。
ニュース一覧に戻る