慶田研究室ニュース

【日本文化人類学会】2018年12月16日(日)14:00~ 第2回映画上映会「女を修理する男」開催のお知らせ(南山大学人類学研究所)

日本文化人類学会経由でのお知らせです。
詳細は以下の通りです。(斉藤)


来る2018年12月16日(日)に、人類学研究所2018年度第2回映画上映会「女を修理する男」を以下のとおり開催いたします。
今年、ノーベル平和賞を受賞された婦人科医のデニ・ムクウェゲ氏の活動を描き、コンゴにおける性暴力と紛争の問題について考える作品です。
当日は、映画の背景について「コンゴの性暴力と紛争を考える会」代表の米川正子氏と、コンゴ出身の人類学者ムンシ ロジェ ヴァンジラ氏に解説していただきます。
多くの先生方のご参加を、心よりお待ちしております。

 

〇南山大学人類学研究所2018年度第2回映画上映会「女を修理する男」

【日時】2018年12月16日(日)、14:00~17:30(13:30開場)

【会場】南山大学D棟DB1教室

【主催】南山大学人類学研究所

【共催】コンゴの性暴力と紛争を考える会、UNITED PEOPLE

【プログラム】
14:00~14:10 趣旨説明
14:10~16:05 映画『女を修理する男』 (2015年制作・ティエリー・ミシェル監督・112分)
16:05~16:20 休憩
16:20~17:30 解説・討論

【司会】石原美奈子(南山大学人文学部/人類学研究所・教授)

【パネリスト】
・米川正子氏(コンゴの性暴力と紛争を考える会・代表)
・ムンシ ロジェ ヴァンジラ(南山大学国際教養学部/人類学研究所・教授)
・関根健次氏(UNITED PEOPLE・代表)

※参加無料・予約不要

【映画概要】
 「女性と少女にとって世界最悪の場所」とも描写されるコンゴ東部。
 コンゴ戦争が勃発してから20年が経つ。その間、「紛争鉱物」の実態に関する認知は高まり、国際社会はその予防策に取り組んできた。しかし、コンゴ東部の状況は改善されないまま、この地域に住む人々の苦しみは続き、大勢の女性、少女、そして男性が性暴力の被害にあっている。紛争鉱物、グローバル戦争経済と組織的な性暴力は相互関係にあるが、その事実はほとんど知られていない。
 映画「女を修理する男」は、暗殺未遂にあいながらも、医療、心理的、そして司法的な手段を通して、婦人科医のデニ・ムクウェゲ氏が性暴力の生存者を献身的に治療する姿を 映している。それに加えて、生存者の衝撃的な証言、加害者の不処罰の問題、希望に向かって活動する女性団体、そしてこの悲劇の背景にある「紛争鉱物」の実態も描かれている。
 ムクウェゲ氏は1999年、コンゴ東部のブカブにてパンジー病院を設立し、これまで4万人以上のレイプ被害者を治療し、精神的ケアを施し続けてきた。被害者の保護活動だけでなく、本問題の根本的な解決のために、ムクウェゲ氏は国連本部をはじめ世界各地でレイプ被害に関する演説を行い、女性の人権尊重を訴えてきた。その活動が国際社会で評価され、これまで国連人権賞(2008年)、ヒラリー・クリントン賞(2014年)、サハロフ賞(2014年)などを受賞した。ノーベル平和賞受賞者の有力候補にも数回挙がっており、2016年5月の タイム誌に、「最も影響力のある100人」に選ばれた。2018年、ノーベル平和賞を受賞。

ポスターは、HPからダウンロードできます。
http://rci.nanzan-u.ac.jp/jinruiken/activities/information/014391.html


【お問合せ先】
南山大学人類学研究所
Phone:052-832-3111(代表)
Fax:052-833-6157
E-mail:ai-nu★ic.nanzan-u.ac.jp(メール送信時には★を@に置き換えてからお送りください。)
http://rci.nanzan-u.ac.jp/jinruiken/
Facebook:「南山大学人類学研究所」で検索

 


 

ニュース一覧に戻る