慶田研究室ニュース

【日本アフリカ学会・日本文化人類学会】ヴィンセント・クラパンザーノ教授 International Symposium: "Coping with Vertiginous Realities" 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所

日本アフリカ学会、人類学会経由でのお知らせです。

以下、お知らせメールより一部抜粋・引用させて頂きます。ぜひご参加ください。

(メールアドレス部分を元の文から編集しております) (香室)

 


このたび東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所では、人類学における実験的民族誌の代表作の一つとされる『精霊と結婚した男:モロッコ人トゥハーミの肖像』(紀伊国屋書店)の著者、ヴィンセント・クラパンザーノ教授(ニューヨーク市立大学)を招聘して、10月6日(土)にシンポジウムを開催することになりました。貴重な機会ですので、ぜひみなさまふるってご参加ください。また、先生方におかれましては大学院生・学部生にも広くお知らせいただけましたら幸いです。

 

なお、シンポジウム終了後、生協特別食堂にてお食事を交えた「情報交換会」を設 けます。こちらに関しては会場手配の都合上、予約制(会費3000円)とさせていただきます。ご参加を希望される方は人類学班事務局までご連絡ください。9月17日(月)を締め切りとさせていただきます。  (← 人類学班事務局 infokj★tufs.ac.jp [★=@] )


International Symposium: “Coping with Vertiginous 

Realities”(使用言語:英語)

6 OCT 2018, Venue: #303, Research Institute for Languages and Cultures 

of Asia and Africa(ILCAA),

Tokyo University of Foreign Studies(TUFS)

 

※交通案内 http://www.aa.tufs.ac.jp/ja/about/access

 

 

13:00〜13:10 Opening address (Nishii Ryoko, ILCAA)

13:10〜14:10 Keynote lecture : “Affective Responses to Manufactured 

Anomie”(Vincent Crapanzano, New York City University)

14:10〜14:20 break

14:20〜14:50 “Sectarian Tension and Everyday Life : Case of Lebanon” 

(Akimitsu Ikeda, ILCAA)

14:50〜15:20 “Enacting the Past Incidents in a Non-literate Society: 

Tripartite Interaction among the G|ui Narrators, Research Assistants, 

and an Anthropologist in Central Kalahari” (Kazuyoshi Sugawara, Kyoto 

University)

15:20〜15:35 break

15:35〜16:05 “Accommodating Nightmares: How to Cope with Anxieties in a 

Sudanese Refugee Community” (Akira Okazaki, ILCAA)

16:05〜16:20 Comments(Tadashi Yanai, University of Tokyo)

16:20〜17:30 Discussion

 

Jointly sponsored by Grant-in-Aid for Scientific Research (A) " New 

Anthropological Approach to Affective Studies through Fieldwork of 

Critical Situations"(17H00948), Core Project (Anthropology) "The 

Potential Value of Indigenous Knowledge in Managing Hazards in Asia and 

Africa: The Anthropological Explorations into the Linkage of Micro-Macro 

Perspectives 2", ILCAA Joint Research Projects "Life as Dynamism in 

Search of a Methodological Connection between Affect, Thinking, and Art"

 

 

 

ニュース一覧に戻る