氏 名

西川 里織

職 名 准教授
所 属 コミュニケーション情報学科  
コミュニケーション情報学コース
連絡先 TEL  | FAX 
Email 
サイト等 https://sites.google.com/view/nishikatten/
https://researchmap.jp/saoringo/

専門分野・研究分野

発達心理学、 社会心理学、認知心理学

 

研究内容

思春期・青年期の自己概念, メンタルヘルス

幼少期の親子関係・愛着形成

文化,社会性,表情識別,コミュニケーション能力

恥と罪悪感

心理・行動指標に遺伝子多型を取り入れた生物学的研究

NIRSやrsfMRIを取り入れた脳科学研究

 

主要な業績等


【論文】

  • Nishikawa, S., Fujisawa, TX., Kojima, M., & Tomoda, A. (2018). Type and Timing of Negative Life Events Are Associated with Adolescent Depression. Front. Psychiatry, 14.
  • 高田紗英子,榊原信子,島田浩二,藤澤隆史,西川里織,滝口慎一郎,友田明美 (2017). 養育者支援に関する脳科学的エビデンス. 子どものこころと脳の発達.   8(1) 70-78.
  • Nishikawa, S., Sundbom, E., Zashikhina, A., Lekkou, S., & Hägglöf, B. (2016). Differences and similarities of mental health problems reported by adolescents from Greece, Japan, Russia, and Sweden. Psychology, 7, 1658-1670.
  • Nishikawa, S., Toshima, T., & Kobayashi, M. (2015). Perceived Parenting Mediates Serotonin Transporter Gene (5-HTTLPR) and Neural System Function during Facial Recognition: A Pilot Study. PLoS ONE 10 (9): e0134685.
  • Nishikawa, S., Nishitani, S., Fujisawa, TX., Noborimoto, I., Kitahara, T., Takamura, T., et al. (2012). Perceived Parental Rejection Mediates the Influence of Serotonin Transporter Gene (5-HTTLPR) Polymorphisms on Impulsivity in Japanese Adults. PLoS ONE 7 (10): e47608.
  • Nishikawa, S., Hägglöf, B., & Sundbom, E. (2010). Contributions of Attachment to Self-concept and Internal and Externalizing Problems among Japanese Adolescents. Journal of Child and Family Studies, 19, 334-342.
  • Nishikawa, S., Sundbom, E., & Hägglöf, B. (2009). Influence of Parental Rearing on Adolescent Self-Concept and Mental Health in Japan. Journal of Child and Family Studies, 19, 57-66.
  • Nishikawa, S., Norlander, T., Fransson, P., & Sundbom, E. (2007). A Cross-cultural validation of adolescent self-concept in two cultures: Japan and Sweden. Social Behaviour and Personality; an international journal, 35 (2), 269-286.

 

【著書】

  • Nishikawa, S. (2009). Japanese Adolescents Self-Concept and Well-being in comparison with other countries. Umeå niversity Print & Media. ISBN: 978-91-7264- 922-4.

     

主要な所属学会

日本心理学会 

日本臨床発達心理士会

北陸心理学会

 

学会発表

  • 西川里織「表情識別時の神経システム機能についての予備的研究-養育態度とセロトニントランスポーター遺伝子多型による影響」,日本心理学会第81回大会 (福岡・久留米シティプラザ,2017年9月22日)
  • 藤澤隆史,西川里織,水野賀史,滝口慎一郎,島田浩二,友田明美「子どもに対する潜在的態度と養育ストレスの神経基盤」日本心理学会第81回大会 (福岡・久留米シティプラザ,2017年9月22日)
  • Nishikawa, S. (2015)  "How do gene and environment shape our behaviour?- A preliminary study of G×E effects on emotional problems and facial recognition",14th European Congress of Psychology, ミラノ, 2015年7月10日)
  • 西川里織 (2015).  「養育のあり方が青年期のウェルビーイングに与える影響.」 第90回日本心理学会大会 (名古屋 名古屋国際会議場,2015年9月24日)
  • 西川里織,リカルドカレトン,利島保,小林正夫 (2014) 「氏と育ちの相互作用は子どものメンタルヘルスに影響するか?」, 第89回日本心理学会大会 (京都 同志社大学,2014年9月9日)    

 

社会的貢献・活動等

  • 熊本大学附属中学校スクールカウンセラー (2018.04.01〜)