現地調査

新疆ウイグル自治区イリ=カザフ自治州ジョウソ県、塔城地区ホボクサイル=モンゴル自治県と塔城市周辺「モンゴル=キルギス人」地域

ジョウソ県
  • a-1 ジョウソ県内、カザフ中国との国境線を巡回する道路
  • a-2  舗装されていない道の真っすぐさから草原の平らさも分かる。
  • a-3 農耕に転用された草原の様子。
  • a-4  ジョウソ県のオボー。右側に見えるのは、供犠獣。
  • a-5  供犠獣として土地の主に捧げられた羊の頭部・四肢・皮が、オボーに吊るされている。
ホボクサイルなど
  • b-1 ホボクサイル地域全体の土地の主が住むバヤン・ウンドル山。
  • b-2 バヤン・ウンドルの山頂にはホボクサイル14ソムンのオボーが14個ある。
  • c-1  あるモンゴル=キルギスのご家族。
  • c-2 モンゴル=キルギス人も暮らす額敏県はオゴタイ・ハン国の中心だった。
  • c-3  2000年代に入ってからオゴタイ・ハンのために建てられたオボー。
  • c-4  キーモリとされる旗を掲げる家は仏教徒のモンゴル=キルギスの家。