現地調査

新疆ウイグル自治区バヤンゴル=モンゴル自治州和静県、アルタイ地区(アルタイ市ハンダガトゥ郷、ブルジン県、ハバガ県)、塔城地区(ホボクサイル=モンゴル自治県)、ボルタラ=モンゴル自治州

バヤンゴル
  • 南新疆の湿地地帯に偶にしかみられない白鳥
  • テントの中で干されるキノコ。売ることで自分の学費を稼げる。
  • その機能によって泉もいくつかに分けられ、目に良いという泉もある。
  • 泉の水を汲みに来る人もいる。
  • オボーは皆に尊ばれ、放牧から帰ってきた子どもたちも自らオボー参りする。
アラタイ
  • アラタイの人々は夏営地から秋営地へ移動する。
  • 引っ越してきてばかりだったためテントを立てずそのまま眠ってしまった男2人。
  • トゥヴァ人はアラタイ山脈に暮らし、中国ではモンゴル族、ロシアではトゥヴァ民族になる。
  • トゥヴァ人は基本的に木造の建物に暮らしている。
  • 墓も土ではなく丸太で作られたものである(日本でいう樹木葬)。
  • アラタイのシンボルとなるカナス湖である。
  • 放生に近い意味でセテルという習慣があり、外見の珍しさもその理由となる。