Lab Information
研究室概要

発行・所蔵雑誌

文化人類学(旧『民族學研究』)

日本文化人類学会(旧日本民族学会)の機関誌です。1935年に『民族學研究』として創刊され、2004年に『文化人類学』に名称が変更されました。年4回刊行されています。主に日本文化人類学会の会員によって投稿された論文や研究ノート、書評などから構成されており、しばしば特集記事が組まれることもあります。
近年の特集としては、「表象・介入・実践:人類学者と現地とのかかわり」(70巻4号、2006年)、「文化のリソースとしての身体」(70巻2号、2005年)、「国家政策と近代」(69巻4号、2005年)、「人類学の歴史研究の再検討」(69巻3号、2004年)、「共同体という概念の脱/再構築」(69巻2号、2004年)などがあります。
本研究室では、『民族學研究』の創刊号から『文化人類学』の最新号までのすべてを閲覧・複写することができます。また、日本文化人類学会のホームページでは、同誌についての説明や、60巻1号(1995年)以降の各号の目次などを閲覧することができます。

社会人類学年報

東京都立大学・首都大学東京社会人類学会の機関誌です。1975年に同学会の設立と同時に創刊されました。年1回刊行されています。原則として学会員によって投稿された論文や調査資料、社会人類学関係文献一覧などから構成されています。
本研究室では、創刊号から最新号までのすべてを閲覧・複写することができます。同誌については、東京都立大学・首都大学東京大学院社会人類学研究室のホームページもご参照下さい。

季刊民族学

国立民族学博物館友の会の機関誌です。世界の諸民族の社会と文化に関する情報を、一般ジャーナリズムとも完全な学術雑誌とも異なるスタンスから発信しています。本研究室には、ここ10年ほどのバックナンバーを中心として、最新号までの多くの号が所蔵されています。

American Anthropologist

アメリカ人類学会(American Anthropological Association, AAA)が刊行しています。100年以上の歴史を有し、現在では年4回刊行されています。文化人類学や社会人類学に限らず、自然人類学・考古学などを含む広義の「人類学」に関する論文や資料、各種レビューなどが多数掲載されており、しばしば特集記事も組まれています。
本研究室では、1巻1号(1899年)から最新号まですべての号を閲覧・複写することができます。興味のある方は、アメリカ人類学会のホームページもご覧下さい。

American Ethnologist

アメリカ人類学会の下部組織であるアメリカ民族学会(American Ethnological Society, AES)によって1974年に創刊され、年4回刊行されています。本研究室には、24巻1号(1997年)から最新号までが所蔵されています。同誌に掲載される論文は、それぞれの号においていくつかのテーマごとにまとめられており、体系的に読みやすい構成になっています。また、しばしば組まれる特集(AE Forum)は、議論を誘発する冒頭論文(provocation)~冒頭論文に対する他の研究者からのコメント(commentaries)~それらのコメントに対する冒頭論文の著者による応答(rejoinder)、という構成になっており、その特集のテーマに興味があれば、スリリングな読みを楽しむことができるでしょう。最近リニューアルされたアメリカ民族学会のホームページでは、300を超えるオンライン書評の全文を読むことができ、各号の目次や論文要旨といった各種コンテンツも充実しています。雑誌の全体的な雰囲気をつかむためには、毎号の冒頭に置かれている、エディターによる序文(foreword)を読んでみると良いでしょう)。

Cultural Anthropology

アメリカ人類学会の下部組織である文化人類学会(Society for Cultural Anthropology, SCA)によって1986年に創刊され、年4回刊行されています。本研究室には、11巻2号(1996年)から最新号まで、多くの号が所蔵されています。
Cultural Anthropology誌のホームページは、同誌の編集方針や取り扱うトピックについての紹介、論文要旨などのコンテンツを有し、読み応えがあるものとなっています。

The Journal of the Royal Anthropological Institute (incorporating MAN)

英国の王立人類学機構(The Royal Anthropological Institute of Great Britain and Ireland, RAI)によって年4回刊行されており、以前はMANというタイトルでした。広義の人類学に関する論文や書評などが掲載されています。本研究室には、同誌の5巻3号(1999年)から最新号までの他、旧MANについても多数の所蔵があります。

Anthropology Today

王立人類学機構によって隔月で刊行されており、教育・医療・開発等と関連した公共性の高いトピックについての記事が特色となっています。本研究室には、18巻1号(2002年)から最新号までの各号が所蔵されています。
 

Current Anthropology

シカゴ大学出版局によって年6回刊行されています。しばしば論文と一緒に、他の数名の研究者からのコメントと、それに対する論文著者の返答が掲載されており、それぞれの論文のテーマをめぐる多様な視点や知識を得ることができます。
本研究室には、創刊号から最新号までのすべてが所蔵されています。また、同出版局のホームページでは、同誌のサンプルなどが閲覧できます。

Critical Inquiry

シカゴ大学出版局によって年4回刊行されています。文化や芸術、批評理論に関する刺激的な論文を読むことができます。本研究室では、27巻1号(2001年)から最新号までの各号を所蔵しています。同出版局のホームページもご参照ください。

The Journal of Popular Culture

Popular Culture Associationの機関誌で、年6回刊行されています。本研究室では、創刊号(1967年)から最新号までのすべての号を所蔵しています。

AFRICA(Journal of the International African Institute)

国際アフリカ機構の機関誌で、年4回刊行されています。1928年に創刊されています。社会科学や歴史学、環境生命科学などの領野を横断する形で、アフリカの社会や文化をめぐる多くの論文が掲載されています。本研究室には、71巻1号(2001年)から最新号までの各号が所蔵されています。

Annual Review of Anthropology

非営利の出版組織であるAnnual Reviewsによって年1回刊行されています。広義の人類学に関する複数のトピックスについて、総説的な論文が掲載されています。本研究室には、1巻(1972年)から最新巻までのすべてが所蔵されています。
Annual Reviewsのホームページからは、各巻の内容のほか、それぞれの論文の引用情報などを知ることができます。