• ホーム
  • 研究室概要
  • 活動内容
  • 【KAFS】Kumamoto Anthropology Film Society (KAFS) 第一回 Ethnofiction: The work of Robert Flaherty 6/29, 17:30-, the College of Cross-Cultural and Multidisciplinary Studies
Activity
活動内容

【KAFS】Kumamoto Anthropology Film Society (KAFS) 第一回 Ethnofiction: The work of Robert Flaherty 6/29, 17:30-, the College of Cross-Cultural and Multidisciplinary Studies

2016.06.15

慶田研究室&関連研究者で民族誌映画の会を始めました。
第一回の情報は以下です。ぜひスケジュールに入れてください。
詳細は追ってUP します。

We will welcome whoever wants to join the seminar.

お楽しみに!(香室)


[Japanese ver.  *translated from English version by Rickard.]

 

Kumamoto Anthropology Film Society (KAFS)

熊本人類学映画会


KAFS は文化横断的なテーマに関し、学生、学部、コミュニティを交えて議論することに関心を持つ熊本における集まりである。

KAFS は日本語と英語両方を用いたイベントを開催する。

KAFS は文学部とグローバル教育カレッジ、そして熊本のコミュニティと協同する。

KAFS は民族誌映画およびドキュメンタリー映画の上映とセミナーを通じて、グローバルな文化と知識を広く学生やコミュニティにもたらすことを目指す。

KAFS の月例セミナーでは、古典的映画と現代的映画を交互に取り扱う。


6月29日 17:30-、グローバル教育カレッジ棟

セッション第一回

セミナー:  「ロバート・フラハティ作品に見るエスノ・フィクション」

上映作品:フラハティ映画『アラン』(Man of Aran,1934, 英, 73分)*


議論: ジョシュア・リカード×慶田勝彦

  かつて諸文化は互いに遠い場所にあった。20世紀初頭におけるテクノロジーの利用は、いわゆる近代に生きる人々の生活からそれらの文化を切り取り、映画を 通して主要都市へもちこむことをいかに可能にしたのか?エスノ・フィクションは、文化的経験を描くための出来事が制作者によって操作されてきたかもしれな いことから、ドキュメンタリー映画において物議をかもしてきたジャンルのひとつである。本セッションでは、語り手としての制作者の役割と、記録される人々 を表象することに関する倫理的問題について議論する。議論の途中で、フラハティの古典的映画『極北の怪異(極北のナヌーク)』(1922)からいくつかの 場面を流す予定である。


*日本語・英語版共に無声映画です。


*「アラン」はアイルランドの西に位置する島です。

*参考までに:Movie Walker http://movie.walkerplus.com/mv15006/


(リカードによる英語版からの翻訳:香室)


KAFS運営委員:慶田勝彦、ジョシュア・リカード、香室結美、田口由夏

**********************************************

[English ver.]

Kumamoto Anthropology Film Society

We are a collective within Kumamoto, interested in facilitating cross-cultural
discussion between students, faculty and the community through holding events
using both Japanese and English. We are a collaboration between the Faculty of
Letters and The College of Cross-Cultural and Multidisciplinary Studies, as well
as the Kumamoto community. Our aim is to bring global culture and knowledge
to the community through seminars and screenings of ethnographic
documentary films. Our monthly seminar and film series will alternate between
both classic and contemporary ethnographic and documentary films.


June 29 17:30-- First Session
Seminar: Ethnofiction: The work of Robert Flaherty

We will view Flaherty's film Man of Aran (1934)*

Discussion with J. Rickard and K. Keida

We will have a discussion of how the use of technology in the early twentieth
century made it possible to bring what were once remote cultures, removed
from the lives of people living in the so-called modern world, into major cities
through cinema. Ethnofiction is a genera, controversial in documentary film, as
events intended to portray cultural experience, may have been manipulated by
the filmmaker. We will discuss these ethical issues concerning the role of the
filmmaker as a storyteller and representing the people being documented.
During the discussion we will also view some short clips from Flaherty's classic
film, Nanook of the North (1922).

*Film is silent with both Japanese and English titles

KAFS organizers:  K. Keida, J. Rickard, Y. Kamuro, Y. Taguchi

« 前のページに戻る