• ホーム
  • 研究室ニュース
  • 【文化人類学会】南山大学人類学研究所『人類学研究所 研究論集』第6号刊行のお知らせ
Lab News
研究室ニュース

【文化人類学会】南山大学人類学研究所『人類学研究所 研究論集』第6号刊行のお知らせ

2016.04.28

以下のリンクより、PDFでの閲覧が可能です。
http://www.ic.nanzan-u.ac.jp/JINRUIKEN/publication/index.html

◆『年報人類学研究』第6号・目次
<論文>
・秋道智彌/海の恩恵と災禍を考える―文治地震・明和津波・東日本大震災にふ
れて
・Knecht,Peter/Village on the Edge between Mountain and Plain: A
Generation in the Life of a Tohoku Village
・ルモニエ、ピエール/ニューギニアのフェンス―文化技術論の変化する視点
・楠和樹/ヒトコブラクダと砂漠の統治―20世紀前半の北ケニアにおける植民地
統治と資源利用
・近藤祉秋/アラスカ・サケ減少問題における知識生産の民族誌―研究者はいか
に野生生物管理に関わるべきか
・ベル裕紀/通り過ぎること、埋め込まれること―韓国安山市におけるカンボジ
ア人移住労働者団体の設立過程を事例として
<書評>
・杉尾浩規/Karen J. Brison, Children, Social Class, and Education:
Shifting Identities in Fiji, New York: Palgrave Macmillan, 2014

※『年報人類学研究』第7号は2017年3月末に刊行予定です。
投稿締め切りは2016年9月30日です。
「投稿規程」「執筆規程」「編集規程」は以下のリンクからご覧になれます。
http://www.ic.nanzan-u.ac.jp/JINRUIKEN/publication/index.html

なお、ご執筆の予定があります場合は、2016年8月末までに、『年報人類学研究』
編集委員会(E-mail:ai-nu@ic.nanzan-u.ac.jp)へお知らせいただければ誠に有
り難く存じます。

◆お問い合わせ
南山大学人類学研究所年報編集委員会
電話(052)832-3111
FAX(052)833-6157

 

 

 

« 前のページに戻る