Lab News
研究室ニュース

【アフリカ学会】2016年度第2回中部支部例会のお知らせ

2016.02.04

アフリカ学会経由でのお知らせです。


2015年度日本アフリカ学会中部支部第2回例会
 
日時:2016227日(土) 19002200
会場:パルル/parlwrhttp://www.parlwr.net/

 名古屋市中区新栄2-2-19
 地下鉄新栄町駅 2番出口徒歩5
 
タイトル:
文化人類学者が語り演じるアフリカン・ポップス!(名古屋)
~エチオピア、カメルーン、ギニア、ジンバブエから~
 
内容:
 「アフリカン・ポップス!研究会」はアフリカのポップスをテーマに研究をすすめている文化人類学者が集まって立ちあげた研究会です。メンバーは、現地で楽器演奏を習得したり(松平)、現地の若者と楽曲を共同で制作したり(矢野原)、ストリートの音を拾い集めたり(川瀬)、現地のアーティストと結婚したり(鈴木)してきましたが、そうしたディープな体験をアカデミックな「ロゴス」の枠内に閉じ込めることの困難を痛感するなか、文字による記述や学術的な口頭発表とは別に、自身が「パフォーマー」となってアフリカのポップスやサウンド・スケープを表現し伝達する必要性を感じてきました。今回、各人が自由な形式でアフリカのポップスやサウンドについて「語り」、「演じる」イベ ントを企画しました。研究者のみならず、アフリカ音楽に関心のある方すべてに参加していただきたいと思います。なお、このイベントは東京(130日)に続く第二回目で、今後、京都(326日)へと続く予定です。
 
プログラム:
19:00     はじめに<鈴木裕之>(国士舘大学・教授)
19:10     みんなでつくろうショナ憑依儀礼の音空間<松平勇二>(日本学術振興会・特別研究員)
19:40     ディギン・イン・ザ・クレイツ of ヒップホップ・アフリカ<矢野原佑史>(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科・研究員)
20:10     休憩
20:30     映像作品上映『gymnasium』(30分、2016年、監督:川瀬慈)<川瀬慈>(国立民族学博物館・助教)
21:00     アビジャンを揺らすジェンベの響き(ミニ・フィルム)
+グリオと人類学者の夫婦ライヴ<鈴木裕之+ニャマ・カンテ>
 
参加費:2000
 
事前申込:人数把握のため、なるべく予約をお願いします。参加希望者氏名(複数名も可)、メールアドレス(複数の場合は代表者)を記載の上、下記問い合わせ先にメールをお送りください。なお、当日受付も可です。
 
問合わせ先
 松平勇次
 

共催:日本アフリカ学会中部支部、アフリカン・ポップス!研究会

 

 

« 前のページに戻る