Lab News
研究室ニュース

【文化人類学会】北大アイヌ・先住民研究センターからのお知らせ(講演会)

2016.01.28

文化人類学会経由でのお知らせです。


■講演会
「民族衣装を着なかったアイヌ 先住民にとっての伝統と現代」

・日時 2016年2月23日(火) 18:30~20:00 (開場18時)
※参加無料・申込不要

・会場 北海道大学人文・社会科学総合教育研究棟(W棟) 103教室
※駐車場はございません。公共の交通機関をご利用ください。

・講師 瀧口 夕美

アイヌ民族をはじめとする先住民には、しばしば「多数派とどこが同じで、どこ
が違うか」あるいは「現代の暮らしのなかで固有の伝統をどう守るのか」などの
問いが投げかけられます。講師の瀧口氏は自らもアイヌとしてそうした問いに向
きあいつつ、自身につながる数名の先住民女性にインタビューをおこない、一冊
の本にまとめました。現在に至るまでの彼女たちの多様な暮らしぶりや、自らの
「民族性」「伝統」とどのように向き合ってきたかについてお話しいただきます。

【講師プロフィール】
編集者。1971年、北海道、阿寒湖畔のアイヌ・コタンに生まれる。明治学院大学
を卒業後、編集業に携わる。

【編著書】
瀧口 夕美 『民族衣装を着なかったアイヌ ―北の女たちから伝えられたこと』
編集グループ SURE, 2013年.

中川 裕 『アイヌ語のむこうに広がる世界』(シリーズ<この人に会いたかっ
た>第5巻) 編集グループ SURE, 2010年.

詳細は、センターHPをご覧ください。
http://www.cais.hokudai.ac.jp/
 

« 前のページに戻る