Lab News
研究室ニュース

【文化人類学会】1/15 京都人類学研究会2016年度1例会のお知らせ

2016.01.07
人類学会経由でのお知らせです。

 
【日時】
2015115( 18:30開演(18:00開場)
 
【会場】
京都大学・総合研究2号館 AA447会議室
地図詳細:構内キャンパス34

 
【タイトル】
「アフリカ熱帯林に暮らす障害者の社会性」 
 
【発表者】
 戸田美佳子(国立民族学博物館 / 文化資源研究センター 機関研究員)
 
【コメンテーター】
速水洋子  (京都大学東南アジア研究所 / 教授)
 
【要旨】
 アフリカではこれまで,障害を「呪い」や「罪」と結びつけて考えるために,障害者が外部に対して隠蔽されているという「隠された障害者」像が報告されてきた。こうした「隠された障害者」のイメージとは対照的に,発表者がカメルーンで出会ったのは,村で農作業をしたり,母や父として子育てしたりといった「あたり前」の日常を営む障害者だった。これまでの障害やケアに関する議論をめぐってわたしたちが感じる,ある種の「息苦しさ」はそこではあまり感じられない。それはなぜなのか。本発表では,カメルーン熱帯林に暮らす障害者と周囲の人びととの相互行為を「対等性」と「共同性」の2つのキーワードで読み解き,そこに障害を語ることにつきまとう「息苦しさ」を打破する可能性をみいだしていきたい。
 
【備考】
*京都人類学研究会は京都を中心とする関西の人類学および関連分野に関心をもつ研究者・大学院生がその研究成果を報告する場です。
*事前の参加予約は必要ありません。どなたでも自由に参加いただけます。
*当日は資料代として200円いただきます。
*講演会後に懇親会を予定しております。
 
【問い合わせ先】
京都人類学研究会事務局:kyojinken2015atgmail.com 
([at]を@に変えて送信してください)
 
京都人類学研究会2015年度運営委員
    代表:片岡 樹
    代表補佐:田中 雅一
 学生幹事:
一戸恒人、江端希之、金澤大、顧平原、久保田和之、向楠、島田有紗、角田彩佑里、関口慶太郎、高橋歩唯、張詩雋、Te Monyrotha、長井優希乃、藤井萌子、彭宇潔、山崎暢子、山﨑暁

 

« 前のページに戻る