Lab News
研究室ニュース

【文化人類学会】Veena DAS 教授 公開講演会のお知らせ

2015.12.03

文化人類学会経由でのお知らせです。


1月9日午後京都大学にてVeena DAS教授(Krieger-Eisenhower Professor, Johns Hopkins University)による講演会を開催します。
ふるってご参加ください。時間や場所など詳しいことは追ってお知らせいたします。DAS教授は、1991年度「大阪・アジア文化フォーラム」への招聘以来、これで(たぶん)5回目の来日となります。

 
タイトル:Mental Illness and Normalizing Power: Notes from Delhi, India

要旨:In his lectures on the Abnormal (1974-75), Michel Foucault proposed the concept of normalizing power as a different modality of power than either sovereign power or disciplinary techniques. Presenting some of the cases of mental illness from my long-term ethnographic work among the urban poor in Delhi, India, I ask if the experience of mental illness presented here, leas us to interrogate the very notion of norm in Foucault. Taking the standpoint of those who inhabit, what I call after Canguilhem, pathological normativity, I raise the possibilities of destabilizing the power-resistance pair not because of the romantic implications of resistance but because of the “normalization” of a pathological normativity.
 

コメンテータ:田辺明生(京都大学・教授)/ Ran Zwigenberg (Assistant Professor, Pennsylvania State University) 
司会:田中雅一(京都大学・教授) / アンドレア・デ・アントーニ(立命館大学・准教授)
問い合わせ 田中雅一 

主催:京都大学人文科学研究所・全国共同利用・共同研究拠点「人文学諸領域の複合的共同研究国際拠点」/ 共催:科学研究費助成事業基盤研究(B)プロジェクト「地中海から西・南アジア地域の人々に関わる「名誉に基づく暴力」の文化人類学的研究」(田中雅一・代表)

« 前のページに戻る