Lab News
研究室ニュース

【VAF】12月8日 ECフィルム連続上映会「子どもからの世界」開催のお知らせ

2015.12.03
VAF経由でのお知らせです。

20世紀の映像百科事典
エンサイクロペディア・シネマトグラフィカ(ECフ ィルム)を見る連続上映会11「子どもからの世界」

■日時 :2015年12月8日(火)18:30開場/19:00開演
​■場所:東中野ポレポレ​坐 http://za.polepoletimes.jp/map/
■ゲスト:齋藤紘良(さいとうこうりょう)しぜんの国保育園園長兼学童施設長/作曲家
     分藤大翼(ぶんどうだいすけ)信州大学准教授/映像人類学
■予約:03-3227-1405 event[@]polepoletimes.jp(ポレポレタイムス社)
■料金:予約:1,500円/当日:2,000円(ワンドリンク付)

〈上映プログラム〉
【ECフィルムより】
■中央アフリカ バヤカ・ピグミー族 与える 取る 分ける/1975-80年
■中央アフリカ バヤカ・ピグミー族 母子関係/1975年
■パプアニューギニア トリブリアンド人 3歳半の幼児と遊び仲間との相互関係/1984年
■南西アフリカ  ヒンバ族 幼児と4歳の少女の遊びの発展/1985年
■南西アフリカ ヒンバ族 少女の1人遊びと幼児による完成/1985年
■ベネズエラ ヤノマミ族 少女の乳児の世話/1983年

【特別上映】
■バカ・ピグミーの子供たちによるエロチック・パフォーマンスなど(分藤大翼)
※昭和初期のモノクロ視聴覚教育映像も。お楽しみに!

〈連続上映会11「子どもからの世界」〉
人類の一生は、何万年の間、さしたる変化を感じません。子が生まれ、成長し、学び、家庭を持ち、伝え、老いて死ぬ。文化によって多少の相違はありますが、人生の本質は一貫しています。特に、子育ての本質はホモ・サピエンス以降変わっていないのではないでしょうか。「強く育ってほしい」という子育ての本質。私 たち人類の、古くからの子育ての願いはこんな具合にシンプルなはずなのに、ついつい余計なこと考えているうちに、この願いを見失ってしまう。しかし、ECの映像を見ていると、見失う前のことを思い出します。そして、「ああ、そうだった、こんなだった。」と、何万年も前の、子育ての本質の生まれた瞬間が蘇ってくるのです。保育園という場で子どもに日々向き合う齋藤紘良さん、バカ・ピグミーたちが暮らす森をフィールドに研究する分藤大翼さんとともに貴重な映像資料から各所の民族の子育て観をのぞき、人類における子育ての本質を考えてみませんか。
 
〈ゲスト〉
齋藤紘良(さいとうこうりょう)
しぜんの国保育園園長兼学童施設長/作曲家
森の循環システム「里山文化」を体 現するプ ログラムと、長期にわたりヨーロッパの福祉や文化を視察してきた経験をもとに、芸術と自然、そして食を基盤とした保育実践を行っている。
 
分藤大翼(ぶんどうだいすけ)
信州大学学術研究院総合人間科学系・准教授映像人類学
1996年よりカメルーン共和国の熱帯雨林地域に暮らすBaka(バカ)という狩猟採集民の調査研究を行っている。

■共催:公益財団法人 下中記念財団、ポレポレタイムス社
■協力:川瀬慈(国立民族学博物館)、岡田一男(東京シネマ新社)、NPO法人 FENICS

ゲストについての詳細情報などは、以下の上映会サイトをごらんください。

 

-- 

« 前のページに戻る