Lab News
研究室ニュース

【文化人類学会】12月9日慶應義塾大学人類学研究会のお知らせ

2015.12.08

文化人類学会経由でのお知らせです。


 

開催日時:           2015年12月9日(水) 18:30~20:30
場所:                      慶應大学三田キャンパス南校舎412
             http://www.keio.ac.jp/ja/access/mita.html

プログラム:
講演者: Sidney Cheung(香港中文大学人類学科教授)
タイトル: From Cajun Crayfish to Spicy Little Lobster: A Tale of Local Culinary Politics in a Third-Tier City in China
(ケージャン・クレイフィッシュから辛い小龍蝦へ:中国三級都市における現地料理のポリティクスについて)
司会: 三尾裕子(文学部・文化人類学)

講演要旨
 本講演では、中国江蘇省におけるザリガニ(crayfish、小龍蝦)を食べる文化
の興隆について、特に、地域の祭祀、博物館、地域行事などに関連した調査を通
して論じることが目的である。新たに作られたスパイシーなザリガニ料理がロー
カルな文脈の中で発展してきたことの重要性や、ここ20年ほどの間に中国の3級
都市においてどのような変容を見せているかを分析したい。ザリガニは、日本か
ら1930年代にもたらされたが、当初は、これが在地の魚などの資源に悪影響を及
ばすために、あまり好まれるものではなかった。しかし、1990年代に「十三香小
龍蝦」という料理が出現したことで、人気が急上昇し、江蘇省のみなら
ず、上海や北京などの大都市にまでこの料理が受け入れられるようになった。本
講演では、個々人の味覚がいかに社会政治的な環境と関わっているのかを明ら
にしたい。

講演者プロフィール
 Sidney C. H. CHEUNG is Professor of the Department of Anthropology,
Associate Dean of the Faculty of Arts, and Associate Director of the
Institute of Future Cities, The Chinese University of Hong Kong. His
research interests include visual anthropology, anthropology of tourism,
heritage studies, food and identity, fragrance and ethnicity; his
co-edited and edited books include Tourism, Anthropology and China
(White Lotus, 2001), The Globalization of Chinese Food (RoutledgeCurzon,
2002), Food and Foodways in Asia: Resource, Tradition and Cooking
(Routledge, 2007) and Rethinking Asian Food Heritage (Foundation of
Chinese Dietary Culture in Taipei, 2015). He also serves as a partner of
the UNESCO Chair project of Tours University, France on “Safeguarding
and promotion of Cultural Food Heritage”.


共催:三田哲学会
問い合わせ先:慶應義塾大学文学部 三尾裕子 

« 前のページに戻る