• ホーム
  • 研究室ニュース
  • 【文化人類学会】シンポジウム「顔と身体表現に基づく異文化理解」のご案内(AA研、12月13日)
Lab News
研究室ニュース

【文化人類学会】シンポジウム「顔と身体表現に基づく異文化理解」のご案内(AA研、12月13日)

2015.11.19

文化人類学会経由でのお知らせです。


基幹研究「人類学におけるミクロ‐マクロ系の連関」公開シンポジウム
「顔と身体表現に基づく異文化理解」

日時:2015年12月13日(日)15:00-19:00
会場:東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所3階大会議室(303)
    (http://www.aa.tufs.ac.jp/ja/about/access

【プログラム】
15:00-15:20 床呂郁哉(AA研) 趣旨説明
15:20-15:50 山口真美(中央大学:心理学) 
           「文化への熟達過程を知る」
15:50-16:20 ロベルト・カルダラ(フリブール大学:認知科学)、渡邊克巳(東京大学:認知科学)
           「顔認識の多様性―東アジアと欧米を比較して」
16:20-16:30 休憩
16:30-17:00 吉田ゆか子(国立民族学博物館:人類学)
           「 仮面から考える顔の文化論にむけて-バリ島仮面劇トペンの事例から」
17:00-17:30 西井凉子(AA研:人類学) 
           「顔の不在がもたらすこと―ムスリム女性のヴェール着用をめぐって」
17:30-18:00 コメント 
          金沢創(日本女子大学:心理学)
          北山晴一(立教大学:社会デザイン学)
          原島博(東京大学:コミュニケーション工学)
18:00-19:00 ディスカッション

使用言語:日本語、英語
参加費:無料
事前申し込み:不要
主催:基幹研究「人類学におけるミクロ‐マクロ系の連関」

************************************************************
AA研基幹研究「人類学におけるミクロ‐マクロ系の連関」事務局
古谷 伸子
東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所
〒183-8534 東京都府中市朝日町3-11-1
web: http://www.aa.tufs.ac.jp/kikanjinrui/

« 前のページに戻る