Lab News
研究室ニュース

【文化人類学会】第14回教育・学習の人類学セミナー(12月13日)

2015.11.19

文化人類学会経由でのお知らせです。


第14回 教育・学習の人類学セミナー:セントラル・カラハリ・サン(ブッシュマン)におけるコミュニケーションの自然誌


第14回教育・学習の人類学セミナーとして,南部アフリカ地域研究会との共催で,「セントラル・カラハリ・サン(ブッシュマン)におけるコミュニケーションの自然誌」と題したシンポジウムを12月13日(日)に京都大学稲盛財団記念館3階中会議室で開催します.我が国の狩猟採集社会研究のパイオニアであり,その功績を讃えて2015年9月の第11回国際狩猟採集社会会議(CHAGS11)で同会議の終身名誉会員となった田中二郎先生,数々の名著・大著を執筆され,2015年3月に京都大学を退職された菅原和孝先生をはじめ,我が国が世界に誇るブッシュマン研究者が集結して,その最新の研究成果について報告します.シンポジウムの成果は,菅原先生の退職を記念したAfrican
Study Monographs, Supplementary
Issueとして出版される予定です.参加費無料,事前の参加予約は必要ありません.奮ってご参加ください.


【日時】
 2015年12月13日(日)13:00-17:20(開場12:30)

【会場】
京都大学稲盛財団記念館3階中会議室
http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/en/about/access

【スケジュール】
13:00-13:20
イントロダクション
高田 明(京都大学)

13:20-13:40
ブッシュマンの狩猟採集生活と社会
田中二郎(京都大学・名誉教授)

13:40-14:00
アフリカ狩猟採集民を対象にした狩猟研究の動向:カラハリ砂漠の事例
池谷和信(国立民族学博物館,総合研究大学院大学)

14:00-14:20
狩猟採集民はいかにして狩猟を学んできたか
今村 薫(名古屋学院大学)

14:20-14:40
ディスカッション
ディスカッサント:安岡宏和(京都大学)

14:40-15:00
休憩

15:00-15:20
姿勢の文法コード化:グイ語の進行相
中川裕(東京外国語大学)

15:20-15:40
グイ語ナラティブにおけるダイクシスと情報構造
大野仁美(麗澤大学)

15:40-16:00
名付けの変化にみるグイ/ガナと近隣集団との関係史
丸山淳子(津田塾大学)

16:00-16:40
記憶装置か、日常会話の資源か:グイの個人名に関する人類学的探究
菅原和孝(京都大学・名誉教授)

16:40-17:20
ディスカッション(含,総合ディスカッション)
ディスカッサント:木村大治(京都大学)


【共催】:南部アフリカ地域研究会

【備考】
* 事前の参加予約は必要ありません。
* どなたでも自由に参加いただけます。
* 参加費は無料です。
* 教育・学習の人類学セミナーは,以下の研究プロジェクトの一環として2012年度から不定期で開催しております.
  科研費補助金 基盤(A)「教育・学習の文化的・生態学的基盤:リズム,模倣,交換の発達に関する人類学的研究」(代表:高田 明)

* 問い合わせ:京都大学CCIプロジェクト室 関 宏貴

« 前のページに戻る