Lab News
研究室ニュース

【九州人類学研究会】第14回オータム・セミナーのご案内

2015.11.12
九人研よりオータムセミナーのお知らせです。申し込みが16日までに延長されています。

 
第14回九州人類学研究会オータム・セミナー
【2015年11月21日(土)~11月22日(日) 1泊2日】
【場所】※今年度は、2013、2014年度と同じ会場です。一昨年、昨年同様【発表会場】と【宿泊会場】が異なります。詳しくは、下記のご案内をお読みください。
 
 
【発表会場】
基山町民会館 1階第1会議室(初日)、2階会議室A(2日目) ( http://www.town.kiyama.lg.jp/soshiki/9/shisetsu-chominkaikan.html )
〒841-0204 
佐賀県三養基郡基山町大字宮浦666番地
電話:0942-92-1211
最寄駅:JR基山駅(JR博多駅より快速列車で25分程度、九州新幹線新鳥栖駅から在来線乗り換えで15分程度)
JR基山駅から基山町民会館までは、徒歩15分程度(地域コミュニティバスあり)。
発表会場までのアクセスは、(http://www.town.kiyama.lg.jp/site/profile/kotuakusesu.html )をご参照ください。
 
【宿泊会場】
とりごえ温泉 栖(すみか)の宿 ( http://sumika-y.jp/index.html )
〒841-0087 佐賀県鳥栖市河内町2352番地
電話:0942-82-5005
最寄駅:JR基山駅、もしくは鳥栖駅。ただし、現地は駅から10km弱離れており、山の中腹にあります。  
 
【参加費】
学生:6,000円(宿泊費+1日目夕食+2日目朝食を含む)
一般(常勤有職者):8,000円(同上)
※会場には、フェイスタオル、丹前・ゆかたのみしかありません。
その他、部屋着、洗面用具(バブラシ等)はご用意ください。
 
 
【時間割】
11月21日(土)
13:00     現地集合、受付開始
14:00~17:00 セッションA:「世界遺産をめぐる文化ポリティクス-日本・九州の事例より」
17:10~17:35 宿泊施設のバスで【宿泊会場】(栖の宿)へ
18:30~    懇親会
 
11月22日(日)
07:30     朝食
08:15~08:45 宿泊施設のバスで【発表会場】(基山町民会館へ)
09:00~12:00 セッションB:「マイノリティと学び」
終了後、現地(基山町民会館)にて解散
 
 【参加申し込みにあたってのご注意】
①会場の都合上、一泊二日の全日程にご参加いただける方のみ受付いたします。
 1日のみの参加は、基本的にはできませんのでご了承ください。
②ご参加申し込みの締め切りは、2015年11月13日(金)までとさせていただきます。
③お申し込みはreligion[@]lit.kyushu-u.ac.jp まで「セミナー参加希望」の旨をメールにてご連絡ください。
④お申込みを頂いた方には、11月13日(金)以降ご確認のメールならびに最終のご案内をお送りいたします。
⑤万が一、申し込み後にやむを得ない事情で参加取り消しの場合は、必ず事前にご連絡ください。無断でご欠席の場合には参加費用を頂戴することになります。
⑥参加費用は現地(今年度は【宿泊会場】)にて、お預かりいたします。
⑦すべての連絡はメールにてお願いいたします。電話連絡は緊急の場合のみご利用ください。 
 
以上
 
 
****************************************************************
 
セッションA:「世界遺産をめぐる文化ポリティクス-日本・九州の事例より
<趣旨>
 
近年の日本では、ユネスコのWorld Heritage:世界遺産(世界文化遺産および世界自然遺産)、Intangible Cultural Heritage:無形の文化遺産(世界無形文化遺産)、Memory of the World:世界の記憶(世界記憶遺産)など、俗に「ユネスコ三大遺産事業」といわれる遺産リストへの登録可否が非常に注目されており、当該遺産が存在する地域では地域浮揚の一つとして期待されている。特に、本研究会の中心地域である九州においては、2011年に福岡県田川市を中心として筑豊の炭鉱労働を描いた「山本作兵衛氏の炭坑の記録画および記録文書」が世界の記憶に登録され、2015年には「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」として九州・山口を中心とした日本の近代化を象徴する遺跡群が世界文化遺産に登録された。さらには、日本政府は「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」を2016年の世界文化遺産への登録に向け推薦書を提出した。
 
このような「(世界)遺産ブーム」とでも言えるような状況の中で、メディアを中心として観光およびそれに伴う地域浮揚の側面は喧伝される一方、遺産をめぐる様々な文化ポリティクスについては、一般的には「明治日本の産業革命遺産」についてユネスコの世界遺産委員会で問題になったように、ナショナルな政治問題とはみなされたとしても、それらのポリティクスがいかに生成されたのかというようなプロセスの問題としてはみなされていないように思える。また、文化人類学・社会学・民俗学ではまさにそうしたポリティクスやプロセスの議論が文化遺産論や観光論とともに議論が活発になりつつある。
 
そこで、本セッションでは、九州の事例を中心とした文化遺産について、様々な主体間の文化ポリティクスの現状を各発表者より報告して現状を把握し学問的な議論を深めるとともに、それらを学問の中で閉じたものにせずにいかに一般へと開いていくかということを目指したい。
 
<趣旨説明>
・永吉 守(西九州大学、久留米工業高等専門学校ほか非常勤講師)
 
 
<発表>(なお、発表順は必ずしもこのとおりではない)
・木村 至聖(甲南女子大学人間科学部文化社会学科准教授)
「文化の表象をめぐるスケールのポリティクス―軍艦島の「地元」高島を事例として―」
 本報告では、2015年7月、新たにユネスコの世界遺産に登録された「明治日本の産業革命遺産」の構成資産の一つである、端島炭坑(通称・軍艦島)を事例として、それが地域の資源として注目され、やがて世界遺産とされていく過程で、軍艦島の「地元」という主体がいかにして形成され、それがやがていかにして「明治日本」というナショナルな表象のなかに取り込まれていったのかについて考察する。とくにここでは空間範域の社会的な構築過程あるいは政治経済的な構造化を論じる「スケール」概念を導入することで、ナショナルな枠を飛び越えて世界遺産というグローバルな価値づけ(=世界遺産)を目指そうとする地域社会の現状と、いまそこで起こっているポリティクスについて明らかにしていきたい。
 
 
・永吉 守(大学等非常勤講師、承前)
「“明治日本の産業革命遺産”構成資産の三池炭鉱遺産群に関する実践者・研究者として」
 
 発表者自身は「NPO法人大牟田・荒尾炭鉱のまちファンクラブ」および「九州伝承遺産ネットワーク」の主要メンバーとして「明治日本の産業革命遺産」の構成資産である三池炭鉱に関する遺産の保存と世界遺産登録に向けて活動してきた。その活動を振り返りながら、世界遺産登録過程と登録の前後における、地域内の価値の多様性、および政府ポリティクスの現状を報告する。
 
 
・川松 あかり(東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻博士後期課程)
「筑豊地域における炭鉱の語り継ぎと二つのユネスコ遺産―記憶継承への期待と失望の中で―」
 
筑豊地域は、ユネスコ世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」の構成資産から登録運動の過程で除外されたものの、これを機に、田川市がその多くを所有する山本作兵衛氏の炭坑記録画・記録文書等が見出され、日本初のユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)に登録されるに至ったという経緯を持つ。発表者は、この筑豊地域において、“炭鉱の過去が、誰によっていかに語り継がれているのか”を主題として調査を行ってきた。
 
 世界遺産登録運動と並行して、田川市石炭・歴史博物館においては、2008年から、館長講座「炭坑(ヤマ)の語り部」が行われてきた。この講座は、当初の、世界文化遺産登録を目指して、遺跡というモノに付随する物語を収集しようとする場から、世界の記憶への登録へと目標が変化する中で、語り(≒記憶)そのものに価値を見いだし、これを聞き取ろうとする場へと移行してきた。しかも、世界の記憶への登録を目指すにあたり、「炭坑の語り部」において収集されるものは、田川市石炭・歴史博物館の立地する田川という場所を越え、広く炭鉱の「記憶」全般へと広がっていった。
 
 現在、田川市内では、炭鉱の記憶と炭鉱が育んだ文化を田川から発信しようという様々な動きが起こっている。そうした動きを支える専門家たちは、記憶の多様性を認識し、その客観的な継承を目指しているように見える。しかしながら、発表者は筑豊各地で、世界遺産登録を軸に展開する田川での動きに対する不満や、自分の住む自治体の取り組みへの危機感、そして炭鉱の記憶を語り継ぐことに対する失望の言葉を耳にした。本発表では、二つのユネスコ遺産登録を巡る動きが筑豊各地にもたらした、炭鉱の「記憶」を継承することへの期待感と、これと表裏一体の関係にある失望や怒りを合わせてとらえて、報告を行う。
 
 
・池田 拓朗(長崎国際大学大学院 人間社会学研究科博士後期課程)
 
「長崎の教会群の世界遺産化をめぐる文化ポリティクスと物語-長崎市外海地方を事例として-」
 
 長崎におけるキリスト教の歴史は「布教」、「弾圧・殉教」、「信仰堅持(潜伏)」、「復帰」に要約することができる。この輝かしい歴史の物語の裏側には、殉教者および殉教できなかった先祖たちへの「慰霊」という物語も存在している。この2つの物語が長崎のカトリック信者にとって、コミュニティのアイデンティティを形成する根拠としての役割を果たし、同時に祈りの場である教会にその物語を示す「記念碑」(monument)という意味をも付与しているのである。そして現在、新たに「世界遺産」という物語が付加されようとしている。
 
 本発表では、長崎のキリシタンたちにとって聖地と認識され、カトリックの歴史を表す代表的な場所である長崎市外海地方を事例として、地域の物語と世界遺産という物語が交錯していくことについて検討する。
 
 <コメント>
 
・田中 英資(福岡女学院大学人文学部現代文化学科准教授)
 
 
*****************************************************
 
セッションB:  「マイノリティと学び」
 
 
【セッション要旨】
 
学際的領域といえる教育研究に対して、文化人類学的なアプローチは一定の位置を獲得してきた。文化的脈絡における広義、狭義の教育システムを対象に、たとえば教育を次世代への文化伝達と捉えさまざまな生活場面へのフィールドワークやエスニックマイノリティをめぐる学校教育・学習活動に焦点化した民族誌的アプローチなどを通して、教育の普遍的な仕組みや可能性、あるいは多文化共生や平等化に向けた実践的方策について探求してきた。つまり西洋近代的な学校教育を中心とした教育観を相対化するとともに多様な教育システムの併存や葛藤の現実を描き出すことで教育研究に対して新しい視点を与えてきたといえるだろう。
 
このような教育事象への人類学的な視点と取り組みを念頭に置きつつ、本セッションでは、マイノリティと教育に着目したい。近年の教育研究に目を向けると、教育を権力論から捉えなおす議論がされている。このような議論の中で、特に焦点となるものとしては、教育の中でのマイノリティの存在である。マイノリティと教育についての語られ方は、大きく二つの流れがある。一つは教育システムの中におけるマイノリティに着目するものであり、同化/異化を巡る議論に代表されるように、教育システムの持つマイノリティへの権力作用を論じるものである。もう一つは、マイノリティの実践する学習(学び)に着目する流れである。自己と社会の「ざらついた」関係を主体的な学習を通して再構築していく動きに着目するものである。本セッションでは、後者の議論に着目する。
 
発表者らは、中国における地方−都市部の格差等を背景に成立している家政婦の事例(翁)、日本社会において「在日コリアン」と表象される人々の事例(金子)、身体に何らかの「不自由さ」があると見なされている障害がある人々の事例(宮本)を取り上げる。それぞれのフィールドにおいて、いかに当事者たちが学びを通じて生きている場との関係を調整している/いくかを検討したい。また、それぞれ異なるフィールドや対象を論じていく中で、いかに学びを通した新しい主体の立ち上がりを想像しえるかということを考えていきたい。
 
 
発表①「家政婦月嫂(yue sao)の産育実践の習得と形成-中国上海市の事例から」
発表者:翁文静(九州大学大学院博士後期課程)
 
中国における産後一ヶ月の養生期間の習俗である「月子(yue zi)」が近年曾てないほど変容している。一昔前では、産婦と新生児が家の中で、親族の世話を受け、様々な禁忌を守りながら、一ヶ月を過ごしていたが、最近では、月子の専門家であり、家政婦である「月嫂(yue sao)」が登場し、産婦と新生児に「科学的な」サービスを提供するようになりつつある。
月嫂は80年代末から90年代初めにかけて中国の各都市で出現し、親戚もしくは近隣の女性が世話を必要とする産婦宅で手伝いをしたことが月嫂の始まりと言われている。90年代半ばから、様々な要因で月嫂を養成・派遣する会社まで作られ、月嫂という新しい職業が生み出された。2001年以降になると、月嫂が「家政サービス」の一環として位置付けられ、国及び市レベルにおける月嫂の制度化・専門化、資格化が図られるようになってきている。このような月嫂の専門家や資格化に伴い、月嫂の給料も年々上がり、近年、エリート社員や医師より給料が高くなってきている。
一方、月嫂になる人々を見てみると、主に都市部のリストラされた中年女性や地方から都市部に出稼ぎに来ている女性たちである。経済力の弱く、社会的地位の低い彼女たちは、月嫂養成訓練(座学と病院研修を含む)という学びを通して、国家資格を取得し、月子の専門家になっていく。本発表は、月嫂たちは、主体的に学ぶことを通して、いかに自分と自分を取り巻く社会関係を調整、あるいは再構築していくことを着目したい。
 
 
発表②:「権力の中で生み出される在日コリアンたちの「実践」―生野民族文化祭、三・一文化祭の事例より―」
発表者:金子真紀(九州大学大学院博士後期課程)
 
本発表では、80年代から活発に行われるようになった、在日コリアンの人々による文化的実践(楽器演奏や舞踊、マダン劇)に着目する。在日コリアン2世以降の人々によって、80年代から文化祭やマダンと名のつく祭りが多く開催されるようになった。はじまりは、大阪市生野区で1983年から2002年まで開催されていた生野民族文化祭である。そして、この祭りの成功を機に、各地で在日コリアンの人々が祭りを開催するようになっていった。特に関西地区で活発に行われていたが、福岡でも唯一その影響を受け、三・一文化祭という祭りが開催された。発表者はこの三・一文化祭で現在フィールドワークを行っている。そこで収集した情報と生野民族文化祭に当時参加していた人々へのインタビュー調査をもとに本発表を行う。
 日本社会におけるマイノリティとして、様々な権力にさらされている彼らは、「在日」として差別的な扱いを受けている。彼らの文化的実践はこのような日本社会に対する抵抗とも読みとれるが、彼らにとってこの実践はどのような意味をもっているのであろうか。また、その実践へと突き動かすものは何か検討していく。
 
 
 
発表③:「身体を想像する-身体に障害がある人の学びを事例に-」
発表者:宮本聡(九州大学大学院博士後期課程)
 
発表者は、足元のフィールドである福岡市において、障害がある人々の行う「アート」実践の裏方及び介助者として、彼ら/彼女らの生の構築過程に着目し、身体に障害ある人々に関わっている。本発表では、“障害がある(とされる)身体”に焦点化し考えていきたい。障害がある人々の身体は、他者からの様々に語られうる。“「標準」から外れた身体”として規定された場合、医療行為やリハビリテーション等の介入するアプローチの対象としてみなされる。一方で、そのような障害を身体に起因させるのではなく、社会構築主義的な障害を捉える立場では、身体と外部環境の関係へのアプローチを行っていく。しかし、このような立場に対しては、現実に存在する物理的な身体やその経験への視点が欠けている批判も挙げられる。また、近年においては、美学的な視点から、障害がある身体の持ちうる審美性に着目するアプローチも存在している。その文脈においては、“アートする身体”として語られうる。このような他者からの身体への語り(権力作用)の中で、彼ら/彼女らはいかに「学び」を通じて、身体を捉え再構築しうるのかを、障害者運動の事例及びフィールドでの参与観察のデータを通じて検討したい。 
 
コメンテーター:ゲーマン ジェフリー(北海道大学)
« 前のページに戻る