• ホーム
  • 研究室ニュース
  • 【ミニ・イベント】松田美緒さんが遊びにきてくれます 全学教育棟2B教室/ Guest Lecturer Mio Matsuda at 14:30 On Thursday November 5th
Lab News
研究室ニュース

【ミニ・イベント】松田美緒さんが遊びにきてくれます 全学教育棟2B教室/ Guest Lecturer Mio Matsuda at 14:30 On Thursday November 5th

2015.10.30
来週木曜11月5日、ジョシュア・リカード先生(グローバル教育カレッジ、全学教育棟2B教室、4限 14:30-16:00、英語)の授業に松田美緒さんがやって来ます!16:00すぎからは人類学研究室(←全学教育棟2B教室に変更になりました)に松田さんをお招きし、いろいろお話を伺う予定です。映像上映、トーク、歌(?)などある・・・かもしれませんので、興味がある方は覗いてみてください。ジョシュア先生によると、"She is cool" らしいです。楽しみですね!!
 
*****************
★第1部:(英語 14:30-16:00)
グローバル教育カレッジ、全学教育棟2B教室、4限 
★第2部:(日本語 16:00-18:00)
グローバル教育カレッジ、全学教育棟2B教室、5限
*****************
 
※Here's the English Version: Kumamoto University International Students Office
※学内者対象。
※会場は変更になる可能性があります。変更された場合は本HPでお知らせします。懇親会も予定しています。
 

 
土地と人々に息づく音楽のルーツを魂と身体で吸収し表現する”現代の吟遊詩人”。その声には彼女が旅した様々な地域の魂が宿っている。ポルトガル、ブラジル、ウルグアイ、アルゼンチン、ベネズエラ、ペルー、カーボヴェルデなどポルトガル語・スペイン語圏の国々で、ウーゴ・ファトルーソ、カルロス・アギーレなど現地を代表する数々のミュージシャンと共演。南米やヨーロッパ、韓国など世界各地で公演を重ねている。2005年にビクターよりデビューし、以来5作のソロアルバムを発表。2014年、3年がかりのライブとフィールドワークの集大成として初のCDブック『クレオール・ニッポン うたの記憶を旅する』を発表。ブラジル・ハワイ移民の歌を含め、日本各地の忘れられた歌を現代に瑞々しく蘇らせた作品は高い反響を呼び、文藝春秋「日本を代表する女性120人」に選ばれる。2015年、3月、パリの高等社会学研究所の国際シンポジウムに招かれ、5月にはギリシャでも公演。第2回ヘテロトピア文学賞特別賞を受賞。

 

« 前のページに戻る