• ホーム
  • 研究室ニュース
  • 【VAF】ハント・ザ・ワールド特集上映!:ハーバード大学 感覚民族学ラボ傑作選4作品 ロードショー@ 渋谷イメージフォーラム、人類学者・映画作家ルーシァン・キャステーヌ=テイラー(ディレクター)の『リヴァイアサン』など
Lab News
研究室ニュース

【VAF】ハント・ザ・ワールド特集上映!:ハーバード大学 感覚民族学ラボ傑作選4作品 ロードショー@ 渋谷イメージフォーラム、人類学者・映画作家ルーシァン・キャステーヌ=テイラー(ディレクター)の『リヴァイアサン』など

2015.06.18
VAF経由でのお知らせです。とっても楽しそう。

本日より公開、特集上映のご案内です。
ハーバード大学 感覚民族学ラボの傑作選4作品のロードショーが
渋谷イメージフォーラムで始まりました。次は名古屋シネマテーク、大阪はナナゲイで続きます。
http://hunt-the-world.com/trailer/

◆ Sensory Ethnography Lab とは?
美学と民族誌学との革新的なコラボレーションをおしすすめるハーバード大学の実験的なラボラトリー。アナログとデジタルメディアを組み合わせた研究プロジェクトの成果として、映画、ヴィデオアート、音響、写真、インスタレーション作品を発表。日本国内では、2014年8月に北米の底引き網漁を圧倒的な映像美と音響で活写した『リヴァイアサン』が公開された。人類学者であり、映画作家のルーシァン・キャステーヌ=テイラーがディレクターをつとめる。
 
◆ 上映作品
モンタナ 最後のカウボーイ
ニューヨーク ジャンクヤード
リヴァイアサン
マナカマナ 雲上の巡礼
 
ルシァン・キャステーヌ=テイラーとヴェレナ・パラヴェルの来日時、
取材と、今回日本で撮影している新作の制作現場で通訳サポートをして
非常に触発されました。
皆さんもぜひ。
http://hunt-the-world.com/news/
 
藤岡朝子


 

« 前のページに戻る