• ホーム
  • 研究室ニュース
  • 【熊本大学】人文社会科学系国際共同研究拠点ワークショップ「聖書と現代ヘブライ語詩」、講演会「聖書の物語著者の〈美学〉を求めて」/ 5/25(月)、26(火)
Lab News
研究室ニュース

【熊本大学】人文社会科学系国際共同研究拠点ワークショップ「聖書と現代ヘブライ語詩」、講演会「聖書の物語著者の〈美学〉を求めて」/ 5/25(月)、26(火)

2015.05.14

熊本大学にて、ワークショップ「聖書と現代ヘブライ語詩」と講演会「聖書の物語著者の〈美学〉を求めて」が開催されます。ぜひご参加ください。

ポスターPDF↓↓
竹内先生のお子様が絵を描かれたそうです!

今回、ウィスコンシン大学ミルウォーキー校よりYair Mazor教授をお招きし、2日間にわたってワークショップと講演を行います。Mazor教授は、現代ヘブライ語文学、比較文学、文学理論を専門とし、聖書の文学的解釈における独創的な業績でも知られ、海外の大学および研究機関にて多くの招待講演を行われてきました。今回の講演は、日本における初の機会となります。
 
 5月25日(月)開催のワークショップでは、聖書から創世記、サムエル記、詩編のよく知られた箇所を取り上げ、またそれと響き合う現代ヘブライ語詩を同時に紹介しながら、文学テクストの持つ力学について考察します。
 
 また、翌日5月26日(火)の講演会では、聖書から創世記の2-3、6-9、11-12、22章の物語単元(エデンの園における人間の原初史、洪水、アブラハムの召命、イサク奉献)を題材に、その著者が、どのような審美的基準や修辞的技法を駆使しながらメッセージの伝達を試みているかについてお話しいただきます。
 
聖書学の最先端に触れるまたとない機会です。
皆様、奮ってご参加いただきますようよろしくお願いいたします。
 
 
※ワークショップ、講演会とも講演および質疑応答は英語で行われます。
※テクストはヘブライ語原典に加えて英訳も用意いたします。講演では、日本語訳も準備いたします。
 
******************************************
★ワークショップ
【日時】
 2015年5月25日(月)14:00~16:00
【タイトル】
 聖書と現代ヘブライ語詩   ―文学テクストの動態的観察
【会場】
 熊本大学 黒髪北キャンパス 文法学部棟本館2階 小会議室
(キャンバスマップ黒髪北地区[6]番の建物)
【コーディネーター】
 文学部教授 竹内裕
 
*******************************************
★Yair Mazor教授 講演会
【日時】
 2015年5月26日(火) 16:10~17:40
【タイトル】
 聖書の物語著者の〈美学〉を求めて
【会場】
 熊本大学 黒髪北キャンパス くすの木会館 レセプションルーム
(キャンバスマップ黒髪北地区[14]番の建物)
【コーディネーター】
 文学部教授 竹内裕
*******************************************
 
 
« 前のページに戻る