Lab News
研究室ニュース

【文化人類学会】「次世代育成セミナー」プログラム(東日本11/22)

2014.11.13

文化人類学会経由でのお知らせです。


日時:20141122日(土)13:30-17:00

会場:一橋大学国立キャンパス東本館2階大教室、演習第一教室

所在地:東京都国立市中2-1

アクセスマップhttp://www.hit-u.ac.jp/guide/campus/kunitachi.html

キャンパスマップhttp://www.hit-u.ac.jp/guide/campus/campus/index.html

 

プログラム 

13:30~14:30216大教室)

発表者:梅村絢美(日本学術振興会特別研究員)

題目:「贈与物としての診療―スリランカ伝承医療における『値段がつけられない』診療をめぐって

コメンテーター:杉本良男(国立民族学博物館)

 

13:30~14:30214演習第一教室)

発表者:永田貴聖(立命館大学 衣笠総合研究機構 専門研究員)

題目:「K市フィリピン人コミュニティを中心とする社会関係の広がり―『多文化共生』、『公共人類学』では収まらない関係

コメンテーター:亀井伸(愛知県立大学)

 

14:50~15:50216大教室)

発表者:ベル裕紀(東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻博士後期課程)

題目:「強制退去が残したもの―韓国における移住労働者が生きる世界」

コメンテーター:小田亮(首都大学東京)

 

14:50~15:50214演習第一教室)

発表者:佐本英規(筑波大学大学院 人文社会科学研究科 博士後期課程)

題目:「伸縮する竹と電子調律器―ソロモン諸島アレアレにおける竹製パンパイプをめぐる技法の動態

コメンテーター:山田陽一(京都市立芸術大学)

 

16:10~17:00216大教室)

・責任編集経験者トークセッション

「これからの学会誌と論文投稿への期待」

:関根康正・春日直樹(司会:木村周平)

 

セミナー終了後に懇親会(会費制)を開催します。

発表者・コメンテーターへの伝達事項

・発表30分、コメント20分、質疑応答10分、プロジェクター&PC使用可能。

・発表レジュメ30部程度を御持参下さい。

« 前のページに戻る