• ホーム
  • 研究室ニュース
  • 【アフリカ学会】研究会「アフリカにおける文化/自然の観光資源化と住民参加」のお知らせ
Lab News
研究室ニュース

【アフリカ学会】研究会「アフリカにおける文化/自然の観光資源化と住民参加」のお知らせ

2014.10.16
日本アフリカ学会経由で、研究会のお知らせです。

公開研究会「アフリカにおける文化/自然の観光資源化と住民参加」を、
以下の通り開催いたします。
今回は、ボツワナ、ケニア、タイの民族観光・文化観光に焦点をあてながら、
アフリカの観光研究の可能性を検討します。
ご関心のある方は、ぜひご参加ください。
なお、準備の都合上、参加を希望される方は
丸山maruyama [@] tsuda.ac.jpまでご連絡いただけると幸いです。
 
日時 10月19日(日) 
場所 京都大学稲盛記念館中会議室
 
13:00 丸山淳子(津田塾大学):ブッシュを歩く人と英語をあやつる人~「ブッシュマン観光」の変遷と新展開
14:30 中村香子(京都大学):『マサイ・オリジナル』の創出~イメージに翻弄される不安定な自己像
16:00 久保忠行(立命館大学):〈まなざし〉から再考する観光研究
17:30 総合討論
 
*本研究会は科研費基盤B海外学術「アフリカにおける文化/自然の観光資源化と住民参加」(2014~2016年度)によるものです。
 
 
-- 
Junko Maruyama, Ph.D.
Department of International and Cultural Studies,
Tsuda College
Tel /Fax  +81-42-342-5986/5156
« 前のページに戻る