• ホーム
  • 研究室ニュース
  • 【アフリカ学会】※終了しました/10/13祝日開催 「エボラ出血熱に立ち向かうナイジェリア」ナイジェリア人医師による報告会‏
Lab News
研究室ニュース

【アフリカ学会】※終了しました/10/13祝日開催 「エボラ出血熱に立ち向かうナイジェリア」ナイジェリア人医師による報告会‏

2014.10.16

アフリカ学会経由でのお知らせです。終わってしまいましたが…。勢いが衰えないエボラ出血熱、動向が気になります・・・。


エボラ出血熱についてナイジェリア人感染症専門医を招いて緊急報告会を開催いたします。
10月13日の祝日に西アフリカで猛威をふるっているエボラ出血熱について一緒に正しい知識を身につけましょう!
皆様のご参加をお待ちしております。

★緊急報告会 10月13日祝日開催★ 
エボラ出血熱に立ち向かうナイジェリア
―西アフリカで今何が起こっているか?― 


講師:ソニー・ウチェ・ウニグエ氏(Dr.Sonny Uche Unigwe )
ナイジェリア国立大学附属病院 感染症内科医師 
日時:10月13日月曜日(祝日)10時30分~12時00分 
場所:JICA地球広場 6階 
・ 東京都新宿区市谷本村町10-5 
・ アクセス: http://www.jica.go.jp/hiroba/about/map.html
・ JR中央線・総武線 市ヶ谷駅 徒歩10分

参加申し込みの方は下記アドレスよりお申込みください。
 https://docs.google.com/forms/d/1mMGYqfS8J4eoSfbOBwQ4OlbIwaC5VG7QSXl4MXb9lvc/viewform?c=0&w=1&usp=mail_form_link

参加費:無料
言語:英語
定員:30名程度 

★講師のソニー・ウチェ・ウニグエ氏は、西アフリカ・ナイジェリア連邦共和国、南東部エヌグ州出身の医師。ナイジェリア国立大学医学部卒業後、感染症専門医としてラッサ熱やHIV/AIDSの感染症の治療に従事してきました。長崎大学大学院熱帯医学研究所にて修士号を取得後、ナイジェリア大学附属病院の感染症医師として勤務、またソニー氏が立ち上げたエイズ予防啓発及び早期治療のための団体の活動に従事しています。
★エヌグ州でエボラ出血熱の感染予防トレイナーとして医療従事者及びコミュニティへの啓発を行う。ウニグエ氏は、医療アクセスが不十分なナイジェリア南東部における感染症対策の専門医師の第一人者と言えます。
 
★ウニグエ医師は、現在、長崎大学熱帯医学研究所にてエボラ出血熱の共同研究のため短期滞在をしております。今月ナイジェリアに帰国するため緊急報告会としてお招きします。エボラ出血熱に関する基礎的な知識、及びナイジェリアでのエボラ出血熱の感染拡大の封じ込めに成功したナイジェリアの保健政策について報告をしていただきます。

主催:(特活)アフリカ日本協議会、2014年度外務省NGO研究会「ユニバーサル・ヘルス・カバレッジとNGO」 
連絡先:(特活)アフリカ日本協議会 担当:川田 薫 
Tel:03-3834-6902、メール:kaokawada [@] gmail.com メール送信時は[@]を@に変更してください。
http://www.ajf.gr.jp/
« 前のページに戻る