Lab News
研究室ニュース

【映画】ネルソン・マンデラ追悼上映 『マンデラ―自由への長い道―』

2014.06.05
熊本シネプレックスで公開中です。6月13日(金)までのスケジュール(http://www.unitedcinemas.jp/kumamoto/film.php?movie=4089&from=daily)が発表されています。
 

マンデラ 自由への長い道

「人種隔離政策“アパルトヘイト”によって、少数の白人たちが社会を支配し、黒人たちがその圧政に耐えていた南アフリカ共和国。弁護士として働いていたネルソン・マンデラは、そんな状況に疑問と怒りを覚え、反アパルトヘイト活動に身を投じる。やがて指導者として活躍するようになったものの、当局から目を付けられた彼は国家反逆罪で逮捕され、終身刑の宣告を受けてしまう。だが、決して衰えることのない闘志を持って民衆や世論を動かし、27年もの獄中生活を経てアパルトヘイト撤廃へと突き進む。そして、彼の活動の影には、常に最愛の妻ウィニーの存在があった。」

(熊本シネプレックス/映画紹介と上映スケジュール:http://www.unitedcinemas.jp/kumamoto/film.php?movie=4089&from=daily

朝日新聞デジタル:プロデューサーが語る『マンデラ 自由への長い道』
朝日新聞デジタル:マンデラ氏の自伝映画公開、「政治プロパガンダ」と批判も
(← 批判もあるようです)
 
主題歌を担当したのは、複雑な政治・宗教的歴史をもつアイルランド出身でマンデラ氏とも親交が深かったU2です。
マンデラ氏の政治活動だけではなく、妻ウィニーや家族との関係性に焦点を当てた映画ということで、「平凡で当たり前の愛を感じることができないのなら先には進めない」といった内容の「複雑なラヴ・ソング」が提供されています。
 
BARKS: U2、ネルソン・マンデラの伝記映画に提供した新曲を公開
THE PAGE: U2 敬愛するマンデラ氏のために楽曲を提供 映画『マンデラ 自由への長い道』
ぴあ映画生活

« 前のページに戻る