• ホーム
  • 研究室ニュース
  • 【文化人類学会】4.19 京都大学 国際ワークショップ/ 第7回 科学技術の民族誌研究会「実験システムと知識の交差点」
Lab News
研究室ニュース

【文化人類学会】4.19 京都大学 国際ワークショップ/ 第7回 科学技術の民族誌研究会「実験システムと知識の交差点」

2014.04.10

文化人類学会経由でのお知らせです。


科学技術の民族誌研究会と京都大学人文科学研究所の共催で、人類学とSTSに関する以下のワークショップを開催いたします。 みなさまのお越しをお持ちいたしております。
(森田敦郎/  Website: http://osaka-u.academia.edu/AtsuroMorita Environmental Infrastructures Project: http://eiam.hus.osaka-u.ac.jp/
 
 
第7回 科学技術の民族誌研究会
「実験システムと知識の交差点」
Experimental Systems and Intersections of Knowledge: A Dialogue between Hans-Jörg Rheinberger and Japanese Anthropology
 
会場:京都大学人文科学研究所 102号室
(Venue: Room 102, Institute for Research in Humanities, Kyoto University)
http://www.zinbun.kyoto-u.ac.jp/e/institute/access-institute/access_e.htm
 
日時:4月19日 1:00~5:30
(Time: Wednesday April 19, 1:00PM-5:30PM)
 
使用言語:英語
申し込み:不要
問い合わせ先:morita@hus.osaka-u.ac.jp
 
要旨
LatourやPickeringと並んで科学的実験におけるダイナミックな存在論に光を当てたHans-Jörg Rheinbergerは、科学史とSTSだけでなく、人類学にも大きな影響を与えてきた。例えば、Goerge Marcus と Michael Fisher は『文化批判としての人類学』の第二版(1999年)で人類学が直面する「実験的な時代」を、文字通り科学の実験のダイナミズムをとおしてとらえ直すことを主張している。この転換の背後には、Rheinbergerによる生物学における「実験システム(experimental systems)」の歴史研究の影響がある。実験システムとは、概念、実験装置、実験を支える技術システム、研究室組織、スキルなどからなる異種混合的なシステムで、既存の知識と技術をベースにしながら未知の対象と驚きを生み出す、科学探求の基礎ユニットである。本ワークショップでは、Rheiberger氏本人による講演とこの概念に焦点を当てた人類学者によるふたつの発表をとおして、実験システム概念の人類学と民族誌的なSTSへのインプリケーションを考察する。
 
 
Abstract
Along with Bruno Latour and Andrew Pickering, Hans-Jörg Rheinberger has left a significant impact on science studies and anthropology. The second edition of "Anthropology as Cultural Critique" by George Marcus and Michael Fisher, for example, recast "the experimental moment" of anthropology by referring to the dynamism of experimentation in natural sciences. The influence of Rheinberger's notion of "experimental systems" is certainly behind this substantial shift of emphasis. An experimental system consists of heterogeneous elements such as concepts, devices, the technical system and organization of the laboratory and serves as a basic unit for scientific exploration. Based on existing knowledge and technology, it generates unforeseen outputs and creates new scientific objects, which Rheinberger calls 'epistemic things'.
The workshop consists of a lecture by Rheinberger and two anthropological papers on experimental systems and aims to explore implications of Rheinberger's work to anthropology and ethnographic STS.
 
 
Time table (tentative)
 
1:00~1:20: Atsuro Morita, 森田敦郎
"Introduction: Hans-Jörg Rheinberger, Experimental Systems and Ethnography of Technoscience"
1:20~2:40: Hans-Jörg Rheinberger, 
"Writing the History of the Life Sciences with Experimental Systems"
2:00~3:00
Coffee Break
3:00~3:40: Wakana Suzuki, 鈴木和歌奈
"Cells between Liveliness and Instrumentality:Onomatopoeia and Care in a Japanese Stem Cell laboratory"
3:40~4:50: Gergely Mohacsi, モハーチ・ゲルゲイ
"Care as an Experimental System: An Anthropological Experiment"
4:50~5:30
Wrap-up discussion
 
 
« 前のページに戻る