• ホーム
  • 研究室ニュース
  • 【文化人類学会】1.18/公開フォーラム「負の文化遺産の保存と展示をめぐって」
Lab News
研究室ニュース

【文化人類学会】1.18/公開フォーラム「負の文化遺産の保存と展示をめぐって」

2014.01.15

文化人類学会経由でのお知らせです。

1月18日(土)に、千里中央(大阪)近辺にて、公開フォーラム「負の文化遺産の保存と展示をめぐって」が開催されます。国立民族学博物館の機関研究「文化遺産の人類学」に関連する催しです。


公開フォーラム「負の文化遺産の保存と展示をめぐって」

http://www.minpaku.ac.jp/research/activity/news/corp/20140118
日時:2014年1月18日(土)13:00~19:00
場所:千里朝日阪急ビル第1会議室(大阪府豊中市新千里東町1-5-3, 06-6873-2608)
一般公開(参加無料/申込不要[先着順]/定員45名)


 

 

発表者と題目:
淵ノ上英樹(立命館アジア太平洋大学)
「モニュメントと復興:レジリエンスの観点からの遺構問題」
佐々木健(大槌町役場生涯学習課)・竹沢尚一郎(国立民族学博物館・総合研究大学院大学)
「震災遺構の現在:トラウマを保持することの困難と可能性」
総合討論

負の文化遺産と呼ぶものは、戦災の遺構や震災の遺構など、カタストロフが生じたあとに残され、多くの人びとに負の記憶を残している遺産を指す。ユネスコに登録されている世界遺産のうちにも、アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所や広島の原爆ドームなど、負の遺産がかなりの数存在する。これらの保存をめぐっては、反対運動が生じることもしばしばあり、多くの議論を呼んできた。

今回の研究会では、広島の原爆ドームの保存に関わる歴史的経緯と、地域社会のなかに葛藤を生み出している東日本大震災の遺構を取り上げて検討する淵ノ上さんは、広島の原爆ドーム等の戦災遺構の保存が、戦後どのような紆余曲折をたどったのか、またそこにはどのようなシンボリズムが込められてきたのか、についてお話しくださる予定です。佐々木さんと竹沢は、保存か解体かで大きな議論を呼んでいる東日本大震災で被災した複数の震災遺構の現状について話すと同時に、その保存の必要性をどのように論理化するか、その可能性について検討します。

歴史的であると同時にアクチュアルであり、災害と記憶、個と共同体、出来事とその解釈など、広がりのあるテーマについて議論をおこないたいと思います。
どうぞふるってご参加下さい。

この公開フォーラムは、総合研究大学院大学の学融合プロジェクトと共催します。


お問い合わせ先:国立民族学博物館 竹沢尚一郎研究室
 

« 前のページに戻る