Lab News
研究室ニュース

【熊本大学】12月15日(日)/動物殺し研究会のご案内/司会:シンジルト先生

2013.12.04

熊本大学のシンジルト先生司会で研究会が開催されます。社会学の牧野先生の発表もありますので、ぜひ聞きに行きましょう。

shinjilt_p2.jpg 牧野先生.jpg 

**********************
12月15日(日曜日)開催予定の研究会をご案内いたします。
研究会の名前は、すこし怖いかもしれませんが、
その内容と目的は、いたってまじめなものです。
 
牧野厚史先生にも最近の成果を発表していただきますので、
教員や学生を問わず多くの方のご来場を期待しております。
発表要旨などの詳細は、動物殺し研究会.pdf をご参照ください。
 
シンジルト
********************

 


動物殺し研究会のご案内
 
動物を殺すという現象に焦点を絞ることで、人間と動物との関係を考察しようとするのがこの研究会の目的です。なにをどのように殺すべきかといった、動物殺しをめぐるさまざまな社会規範の様態とその動態を総合的に掌握すべく、日本国内外で活躍されている社会学者・生態人類学者に具体的な事例に基づいてご報告いただきます。どなたでも参加可能なオープンな研究会ですので、関心のある方は、ぜひ気軽にご参加下さい。
 
 
【日時】2013年12月15日(日)13:00-17:30
【場所】熊本大学、文学部・法学部本館2階、共用会議室
 
【内容】
【1】趣旨説明 (13:00-13:10)
奥野克巳(桜美林大学)
【2】研究発表1 (13:10-14:40)
タイトル:「害鳥」を守るむら人たち――動物・人間関係における「むらの動物」
発表者:牧野厚史(熊本大学)【発表要旨1 参照】
【3】研究発表2 (14:50-16:20)
タイトル:人殺し?動物殺し?魚殺し? ――アニミズムの理解が、私たちにとってきわめて困難な理由
発表者:竹川大介(北九州市立大学)【発表要旨2 参照】
【4】コメント (16:30-17:00)
コメンテーター1:近藤祉秋(アラスカ大学)
コメンテーター2:吉田匡興(桜美林大学)
【5】総合討論 (17:00-17:30)
 
【司会】シンジルト(熊本大学)
【主催】科研・基盤研究A「動物殺しの比較民族誌研究」(代表者:奥野克巳)http://www2.obirin.ac.jp/okuno/killing-animals.html
【問い合わせ先】シンジルト
 
 
« 前のページに戻る