• ホーム
  • 研究室ニュース
  • 【文化人類学会】日本のタイ人ディアスポラ(Thai Diaspora in Japan)/ ラタナー・トサクン/2013年12月5日(木)
Lab News
研究室ニュース

【文化人類学会】日本のタイ人ディアスポラ(Thai Diaspora in Japan)/ ラタナー・トサクン/2013年12月5日(木)

2013.11.20

文化人類学会経由でのお知らせです。事前申込は必要ありません。


 

●講演者:ラタナー・トサクン(Ratana Tosakul)、Ph.D.
 タマサート大学(タイ)社会学・人類学部教授
 現在、成城大学文芸学部招聘教授
 
 ●講演タイトル:日本のタイ人ディアスポラ(Thai Diaspora in Japan)
 
●日時:2013年12月5日(木)  17:00 – 19:00(講演1時間、質疑応答1時間)
 
●場所:首都大学東京(南大沢キャンパス)本部棟2階特別会議室
※正門から入って突き当たりの左手の建物(本部棟)の2階です。
 
●使用言語:英語(※質疑応答に際しては日英通訳あり)
 
●講演概要(※下記アブストラクトをあわせてご参照ください)
 ラタナー・トサクン教授は、タイ国タマサート大学社会・人類学部の教授として、長年タイおよびその他のメコン河流域国(ミャンマー、ラオス等)の家族構造の変容や国際結婚についての御研究を続けられてきています。現在、成城大学文芸学部の招聘教授(~2014年3月)として日本で一時的に教鞭を取っておられ、そのかたわらで日本国内(主として都下)のタイ人移民(ディアスポラ)についての調査にも従事されています。
 本講演では、この現在進行形の調査を背景とした、日本におけるタイ人移民のアイデンティティの様態についてお話しいただきます。ラタナー教授は、そのあり方は日本文化への適応という一方向的なものでも、また単にタイ系仏教寺院を共同性の中心に置くものでもない実に多義的なものだと論じます。この機会に、是非タイ研究および国際移民研究の最前線の議論にお触れください。
 
●Abstract
    My presentation is based on preliminary findings of my on-going research project about lived experience of Thai diasporas in Japan. The study looks at processes of identity construction of Thai diasporas. I argue that identity construction of those Thais is not a one-way process of Thai into Japanese culture. Their experience plays out in relationships not only to inter-ethnic groups and boundaries (Barth 1969), but also to the connectedness and disconnectedness of other articulated fields of identity- of class, religious, gender, and place. Although a Buddhist center has served as their ‘imagined community’ where theircollective ethnic Thai identity is perceived and expressed, their multiple contested articulated fields of identity persist. I investigate the intersection of personal subjective experience and the social, cultural, economic dynamics of both home and host societies that have influenced the experience.       
 I have employed ethnographic field methodology for this research project. Primary data were obtained from my preliminary anthropological fieldwork with different Thais in Kabe, Hamura, Fussa, Ozaku, and Ome of Tokyo from April to September 2013. In addition, I interviewed some representatives and members of Thai networks and groups that are primarily based in Japan. Also, data via internet where there are relevant websites organized by Thai networks and groups were collected. Besides, participant observations at a Thai Buddhist center in Kabe were conducted from July to September 2013. Also, a survey of relevant documents and statistical data was collected.  
 
※なお、終了後に懇親会を開催いたします。お時間の都合のつく方は、こちらも併せてご参加ください。
 
●問い合わせ
小川絵美子(首都大学東京人文科学研究科社会人類学専攻博士後期課程)
 
 
« 前のページに戻る