• ホーム
  • 研究室ニュース
  • 【VAF】 7/18開催 [養蜂] 20世紀の映像百科事典エンサイクロペディア・シネマトグラフィカを見る第4回上映会のお知らせ
Lab News
研究室ニュース

【VAF】 7/18開催 [養蜂] 20世紀の映像百科事典エンサイクロペディア・シネマトグラフィカを見る第4回上映会のお知らせ

2013.07.11

VAF より上映会のお知らせです。


7月18日(木)夜に、東中野のスペース&カフェ「ポレポレ坐」で民族誌映像アーカイブ「エンサイクロペディア・シネマトグラフィカ」(EC)の第4回上映会を開催します。16mmフィルムのためお蔵入りしていた50-80年代制作の映像を虫干しして、ゲストの方といっしょに、今の目線で見てみよう、という試みです。
 
第4回目のテーマは「養蜂」。
 
ECフィルムのなかのドイツのセイヨウミツバチの養蜂場の四季を映した映像に加え、
福島県立博物館の佐治靖さんが福島の原発事故前から撮影されていた、
阿武隈山地の農家の方々による、野生のニホンミツバチの養蜂の調査映像を上映します。
 
多くの皆様のご来場をお待ちしております。
以下、詳細情報です。〈転載歓迎〉
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
20世紀の映像百科事典 エンサイクロペディア・シネマトグラフィカ
(ECフィルム)を見る連続上映会4「養蜂」
 
 ■日時 : 2013年7月18日(木)18:30 open/19:00 start
 ■ゲスト:佐治靖(民俗学・人類学 / 福島県立博物館)、
      中村純(養蜂学 / 玉川大学ミツバチ科学研究センター)
 ■会場 : Space&Cafeポレポレ坐 (東中野)
 ■料金 : 予約1,500円/当日2,000円(ワンドリンク付き)
 ■予約 :  03-3227-1405  (ポレポレタイムス社)
  
  Email : event@polepoletimes.jp
 
巣箱を整え蜂を待つ。
山からやってきた蜂は、気に入ればそこに巣を作り、ぶんぶんと山の木々、草の花の間を行き来して蜜をあつめる。人はその小さい命の不思議を観察し寄りそい、そして甘い蜜や蝋をいただく。遠い昔から世界中で繰り返されてきた昆虫と人間の営み。
藁で編んだ巣箱を使うヨーロッパの養蜂のEC映像に加え、ゴウラ、ボンケと呼ばれる丸太の巣箱を使って野生のニホンミツバチを飼う阿武隈山地の伝統養蜂の 映像を上映。養蜂の民俗を研究する佐治靖さん、蜂蜜やミツバチの行動を研究する中村純さんを迎えてお話もうかがいます。
 
3,11の後、放射能汚染により損なわれてしまった、かけがえのないものとは何なのか?
そのことときちんと向き合い、語り合う。そして「これから」を考える機会としたい。
 
【ECフィルムより】
 ドイツ北西部、養蜂上の仕事(1978‐1979年撮影)
「蜜の採集」(13'00") / 「巣別れ時の作業」(12'00")
 
【特別上映】
 福島県阿武隈山地のニホンミツバチの養蜂に関する調査映像
 「分蜂群の捕獲・収容」 / 「採蜜作業」など
 
 ■上映会ホームページhttp://ecfilm-screening.jimdo.com/
 ■「ポレポレ坐」HP でのご案内
 
 
« 前のページに戻る