• ホーム
  • 研究室ニュース
  • 【地域インターンシップ】水俣地域 「胎児性水俣病患者さんに学び、水俣の可能性を探ろう」
Lab News
研究室ニュース

【地域インターンシップ】水俣地域 「胎児性水俣病患者さんに学び、水俣の可能性を探ろう」

2013.07.26

 

熊本大学文学部よりお知らせです。
 

 

●平成25年度熊本大学文学部「地域インターンシップ」(仮称)募集要項

 
1.趣旨
  熊本大学文学部(以下、文学部)では、熊本県全体をキャンパスに見立てて、大学から外に 出て地域で(から)学ぶことを目的とした「地域インターンシップ」(仮称)を新たな授業科目とし て設定できるかどうか、その実現可能性を探るために、今年度を試行期間に位置づけてその 予行演習を実施することになった。
 
2.対象地域とテーマ
  水俣地域 「胎児性水俣病患者さんに学び、水俣の可能性を探ろう」
 
3.研修場所
  栄の杜ほっとはうす、一般財団法人水俣病センター相思社、水俣病資料館など
 
4.研修期間
  8月19日(月)~24日(土)の5泊6日。宿泊は相思社。24日は20:00に現地解散。(自家用車での参加は禁止)
 
5.研修費用
  費用の一部(宿泊費・研修費)は文学部で負担する。但し、往復の交通費(5000円)、現地で の移動費、食費等は自弁すること。 
 
6.募集人員
  最大10名(原則2年生を対象とするが、それ以外でもかまわない)
 
7.申込
  文学部教務企画係に、A4版1枚(様式自由)にまとめた志望動機と一緒に、7月31日(水)ま でに申し込むこと。人数が10名を超える場合には、志望動機を参考に選抜を実施する。
 
8.選抜結果
  8月上旬に掲示で発表する。対象者は、8月上旬に開催される事前指導を必ず受けること。
 
 
*問い合わせは、文学部教務企画係まで
 
« 前のページに戻る