• ホーム
  • 研究室ニュース
  • 【文化人類学会】北大アイヌ・先住民研究センターからのお知らせ(公開セミナー・研究フォーラム)
Lab News
研究室ニュース

【文化人類学会】北大アイヌ・先住民研究センターからのお知らせ(公開セミナー・研究フォーラム)

2013.07.17

 

文化人類学会経由でのお知らせです。

 
 
 
mainimg2.jpg
 
 
 
 
●CAIS公開セミナー2013
「先住民族の権利に関する国連宣言」の国内実施:
アメリカの経験と先住民族世界会議(WCIP)2014への展望
 
国連宣言の実施状況等を審議するために2014年9月に国連が開催する
先住民族世界会議(WCIP)に向けて、これまでのアメリカの経験を踏まえ、
同宣言の国内実施についてわかりやすく講演していただきます。
 
報告者 : リンゼイ・ロバートソン
    (オクラホマ大学法科大学院附属先住民法政研究センター長)
 
日時: 8月3日(土) 14:00~17:30閉会予定 (13:30開場)
 
会場: ACU(アキュ) 大研修室1606
    札幌市中央区北4西5アスティ45 16階 (札幌駅地下直結)
 
※北大構内ではありませんので、御注意ください
※お車でお越しの方は、札幌駅近郊駐車場(有料)を御利用ください
 
【通訳つき、入場無料、申込不要】
 
 
●研究フォーラム
「アイヌ口承文芸の多様性と連続性」
 
樺太において北で隣接してきた民族の口承文芸との関係、物語の世界観と
儀礼の祈り詞に見られる世界観の比較、北海道内部における地理的差異にも
目を向けました。「アイヌ口承文芸の多様性と連続性」を改めて確認していきた
いという研究フォーラムです。必ずしも一般向けの内容ではありませんが、
どなたでも参加できます。
 
【報告1】 丹菊 逸治(アイヌ・先住民研究センター 准教授)
       「樺太アイヌの伝承とニヴフの伝承」
【報告2】北原 次郎太(アイヌ・先住民研究センター 准教授)
       「口承文芸の世界観-祈り・語り-」
【報告3】田村 雅史(北海道立アイヌ民族文化研究センター)
       「道東釧路地方の伝承から見たアイヌ口承文芸」
 
日時: 8月11日(日) 13:30~16:30 (13:00開場)
会場: 北海道大学学術交流会館小講堂
 
※駐車場はございません。公共の交通機関を御利用ください
 
【入場無料、申込不要】
 
 
 
北海道大学 アイヌ・先住民研究センター
〒060-0808 札幌市北区北8条西6丁目
http://www.cais.hokudai.ac.jp/  (センターHP)

 

« 前のページに戻る