• ホーム
  • 研究室ニュース
  • 【文化人類学会】「白山人類学研究会」2013年度第3回定例研究会/ラオスの歌掛け「カップ・サムヌア」の今 
Lab News
研究室ニュース

【文化人類学会】「白山人類学研究会」2013年度第3回定例研究会/ラオスの歌掛け「カップ・サムヌア」の今 

2013.07.15

文化人類学会経由でのお知らせです。


下記のとおり、「白山人類学研究会」の定例研究会をおこないます。
研究会への事前の参加登録は不要です。皆様のご参加を歓迎いたします。
 
日時:2013年7月22日(月)18:10~
 
場所:東洋大学白山キャンパス8号館3階 8305教室
 
 *研究会終了後、懇親会をおこないます。
 
◇ 発表題目
ラオスの歌掛け「カップ・サムヌア」の今
 
◇ 発表者
梶丸岳さん (日本学術振興会特別研究員)
 
◇ 要旨
 ラオスでは主要民族であるラオ族によってカップラムと総称される掛け合いによる民謡が盛んに行われてきた。だがこれまでラオス南部や東北タイのイサーン地方におけるカップラムのモノグラフが数本あるのみで、ラオス北部の歌掛けについてはほぼまったく報告がなかった。本発表は昨年度から行っている調査の中間報告として、ラオス北部ホアパン県で歌われる歌掛け「カップ・サムヌア」が歌われる社会的環境について、特に歌掛けの場と歌い手間のネットワークに注目しながら提示する。また掛け合いの内容についても現地で撮影した映像を紹介しながら概略的に示す。この作業を通じてラオスにおける歌掛けがどういうものなのか、その歴史的変遷を含めて現在分かっている範囲で明らかにしていきたい 。
 
 ++++白山人類学研究会+++++
112-8606 東京都文京区白山5-28-20
東洋大学社会学部松本誠一研究室内
 
////////////////////////////////////////
 東洋大学社会学部社会文化システム学科助教
 箕曲在弘(みのおありひろ)
 ////////////////////////////////////////
« 前のページに戻る