Lab News
研究室ニュース

【文化人類学会】第60回「東南アジアの社会と文化研究会」/ 7.5, 京都大学

2013.06.17

文化人類学会経由で以下のお知らせです。


第60回「東南アジアの社会と文化研究会」を下記の通り開催します。オープンな
研究会ですので自由にご参集ください。事前登録等の手続きは必要ありません。

●日時・場所

2013年7月5日(金)16:00~18:00(15:30開場)

京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科
総合研究2号館(旧・工学部 4号館)4階会議室(AA447)
(京都市左京区吉田本町京都大学本部構内 百万遍のすぐ近くです。)

▼今回の会場は、本部構内(百万遍)にある「総合研究2号館」にあります。
百万遍交差点に近い建物です。四角い建物の4階北側が会場になります。
会場についてはこちらもご参照ください。
http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/about/access
地図が二枚ありますが、下の方の地図(「本部構内」)です。

●話題提供者

平井京之介氏
国立民族学博物館

●発表題目

「苦しむ者のコミュニティ――ラオス仏教僧の知識と実践」

●発表要旨

 本発表は、ラオスの首都ビエンチャン郊外にある通称「森の僧院」における現
地調査に基づき、上座部仏教僧のコミュニティについて以下の問いに答えること
を目的とする。僧のコミュニティはどのような知識を共有しているか。その知識
はコミュニティにおいてどのように伝達されているか。その知識を通じて僧のコ
ミュニティと社会とはどのような関係にあるか。
 ラオスの仏教は、1975年のラオス人民民主共和国 成立以降、ラオス人民革命党
の厳しい管理下におかれた。1980年代後半に経済開放政策を進めるようになる
と、同時に党はナショナリズムを醸成する手段として仏教を利用するようになっ
た。その後、都市部を中心に一般の人びとのあいだで少しずつ仏教は人気を取り
戻していく。2000年代に入って、相変わらず党の厳しい統制下ではあるが、サン
ガ(出家者集団)の一部で瞑想を中心とする独自の仏教復興運動が生まれるよう
になった。
 2002~2003年にかけて、わたしはそうした運動で中心的な役割を果たしていた
仏教寺院、「森の僧院」において社会人類学的調査をおこない、その間、2002年
には約3ヵ月間を出家僧として過ごした。今回の発表では、このときの出家経験
で自ら学んだこと を人類学的に考察することに取り組んでみようと思う。
 その際の導きの糸としては、最近わたしが日本の社会運動などを対象に検討し
てきた「実践としてのコミュニティ」というアプローチを考えている。すなわち
ラオス仏教僧のコミュニティを、知や実践の様式が生み出される実践の領域とし
てとらえることを試みる。また、橋爪大三郎による「<言語ゲーム>としての仏
教」という考え方も、僧コミュニティの理解にたいへん有益だと思われるので、
採り入れて話を進めてみたい。


●「東南アジアの社会と文化研究会」 2013年度世話人代表・研究会事務局
小林 知

●「東南アジアの社会と文化研究会」のウェブサイトには、今回の研究会の案
内、 発表要旨、研究発表に関わる写真が掲載されていますので、ご覧ください。
http://www.chiiki.asafas.kyoto-u.ac.jp/syakai-bunka/

« 前のページに戻る