• ホーム
  • 研究室ニュース
  • 【文化人類学会】5月31日, AA研究, 紛争状況下における/のフィールドワーク:人類学・地域研究の現場から
Lab News
研究室ニュース

【文化人類学会】5月31日, AA研究, 紛争状況下における/のフィールドワーク:人類学・地域研究の現場から

2013.05.08

文化人類学会経由でのお知らせです。


 

==================================================
第12回フィールドサイエンス・コロキアム
「紛争状況下における/のフィールドワーク:人類学・地域研究の現場から」
==================================================
 
今回の第12回のコロキアムはAA研基幹研究「人類学におけるミクロ‐マクロ系の連関」との共催により「紛争状況下における/のフィールドワーク:人類学・地域研究の現場から」と題して、広義の紛争状況下において、ないしは紛争状況(ポスト・コンフリクト状況を含む)自体をテーマとして現地調査を実施しているフィールド研究者の方をお招きして開催する予定です。紛争地での調査経験を有するフィールドワーカーからの具体的な現場からの報告をもとに、紛争状況下における現地調査の抱える各種の方法論的・理論的な困難や課題、あるいは逆にそこから見えてくる可能性や展望などについて密度の濃い議論を行っていくことを予定しています。
 
■プログラム
日時:2013年5月31日(金)15:00-19:00
場所:東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所(AA研)
   3階マルチメディアセミナー室(306号室)
  (〒183-8534 東京都府中市朝日町3-11-1)
 
15:00-15:10 趣旨説明:床呂 郁哉(AA研)
15:10-15:50 湖中 真哉(静岡県立大学)
 「やるせない紛争調査―東アフリカ牧畜民のフィールドワークから」(仮題)
15:50-16:30 錦田 愛子(AA研)
 「パレスチナ/イスラエルにおける研究と政治―紛争下のフィールドワークとポジショナリティ」
(10分休憩)
16:40-17:20 藤井 真一(大阪大学大学院)
 「After the Fact―ソロモン諸島の「民族紛争」を事後的に調査・再構成する歴史人類学の展望と課題」
17:20-19:00 質疑応答
 
*参加自由(登録不要)、参加費無料です。
 
主催:フィールドサイエンス研究企画センター(FSC)
共催:基幹研究「人類学におけるミクロ‐マクロ系の連関」
 
 
************************************************************
AA研基幹研究「人類学におけるミクロ‐マクロ系の連関」事務局
古谷 伸子
東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所
〒183-8534 東京都府中市朝日町3-11-1
« 前のページに戻る