Lab News
研究室ニュース

【VAF】 東中野「ポレポレ坐」、ECフィルム連続上映会2 「アフリカの音楽と芸能」

2013.02.13

VAFより以下の案内がありました。慶田先生も出没するかもしれません。

事前予約のほうがお安いようです。


今月26日に、東京の映画館ポレポレ東中野「ポレポレ坐」において、
エンサイクロペディア・シネマトグラフィカ(ECフィルム)を見る連続上映会2
「アフリカの音楽と芸能」を行います。どうぞ奮ってご参加ください。


<以下、ポレポレ坐HPより抜粋>

20世紀の映像百科事典 エンサイクロペディア・シネマトグラフィカ
(ECフィルム)を見る連続上映会2「アフリカの音楽と芸能」

本上映会シリーズは、20世紀を代表するこの壮大な映像アーカイブを
今に生きる私たちの目線で読み直し、虫干しして、多彩な分野の人々と
の対話を通して新しい息吹をふき込む試みである。
これらの映像の中に、私達の未来に必要な宝物を見つけられるかもしれない。


■日時:2013年2月26日(火)18:30 open/19:00 start
■ゲスト:川瀬慈(映像人類学、国立民族学博物館)、北中正和(音楽評論家)、
石倉敏明(芸術人類学、明治大学野生の科学研究所)
■料金:予約1,000円/当日1,500円(+要ワンドリンクオーダー)
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)Email :event@polepoletimes.jp


「アフリカの音楽と芸能」
ECフィルムには、世界各地の音楽や芸能の記録が豊富にある。その中でも特に、
アフリカの伝統音楽の記録は、人間の音楽行為の多様性、可能性を示し、
西洋近代的な音楽の認識の在り方を問い直させる貴重な資料である。ECの
記録対象となったアフリカの音楽の多くが、今日消滅ないしは大きな変容の
過程にあることを踏まえると、これらのフィルムの重要性は、今後ますます
高まってくるであろう。今回は、ECフィルムのアプローチとの比較の観点から、
日本の気鋭の映像人類学者2人川瀬慈と分藤大翼によるアフリカの音楽、芸能の
映像作品(エチオピアの吟遊詩人のパフォーマンス、カメルーンBakaピグミー
の音世界)を上映する。ゲストに川瀬、音楽評論家の北中正和、人類学・神話学者
の石倉敏明を迎え、アフリカ音楽の記録に対する様々なアプローチ、そしてアフリカ
音楽のかぎりない創造性について語り合う。


〈上映プログラム〉
・バウレ族(西アフリカ 象牙海岸) 楽弓の演奏/1968年/4'30"
・ダン族(西アフリカ 象牙海岸)軍楽オーケストラ"トゥル"/1968年/6'30"
・エウェ族 (西アフリカ ダホメ) アボメーの宮廷の王妃たちの踊/1958年/5'30"
・トランスダンスを伴う病気治療 グウィ - カラハリ砂漠 その2/1976年/9'00"

民族名、撮影地名には、現在では用いられない名称がございますが、
製作当時の表記を尊重しました。


〈特別上映〉
分藤大翼作品(カメルーン、バカ・ピグミー、作品集「森の音」より)
・イェリ
・水太鼓

川瀬慈作品(エチオピアの吟遊詩人)
・ラリベロッチ‐終わりなき祝福を生きる
・ドゥドゥイエ

「ポレポレ坐」HP でのご案内

http://za.polepoletimes.jp/news/2013/01/2013226-2.html

« 前のページに戻る