Lab News
研究室ニュース

【文化人類学会】3月1日東工大食文化公開講義(3)アジアの食のハラール

2013.02.04

文化人類学会経由で以下の案内がありました。

チラシ→  http://www.mot.titech.ac.jp/food/data/event_20130301.pdf


食文化共同研究会 公開講義シリーズ(3)

1.開催日時    平成25年3月1日(金)9:50~14:00

2.テーマ: 食のハラールと食文化(1) アジアの食のハラール
    ハラールとは、イスラーム法(シャリーア)で合法であるモノ・行い
    を意味する。しかし、何がハラールで何がそうでないかは、地域に
    よって、宗派によって、また個人によっても受け止め方が異なる。
    グローバル化の中で、食のハラールに対して異なる実践をしてきた人々
    が出会い、世界各国で多様なハラール認証団体が生まれている。本講義
    では、アジアにおける食のハラールの実態と問題を、具体的な事例から
    描く。

3.場所:東京都港区芝浦3-3-6
          キャンパス・イノベーションセンター501号室 リエゾンオフィス
        JR田町駅芝浦口前
        http://www.cictokyo.jp/access.html

4.詳細日程

公開講義(9:50~13:00)
 9:50~9:55 
   開講の辞 

 9:55~10:10
   阿良田 麻里子(「ぐるなび」 食の未来創成寄附講座特任助教)
   「イントロダクション:食のハラールとは」

 10:10~11:10
   砂井 紫里氏(早稲田大学イスラーム地域研究機構研究助手)
   「アジアにおけるハラール産業の現在 ―その拡がりとつながり―」

    近年、ハラールへの関心はムスリムのみならず世界規模で高まりをみせ
    ている。ハラール産業の拡大とグローバル化にともない、一方ではハ
    ラールの意味合いと担い手の多様化、また一方ではハラールの制度化や
    ハラール基準の共有の模索、そして科学技術の適用によるハラール性の
    検証など、ハラールをめぐる拡大と収斂のせめぎあいが生じている。今
    回は、アジアのハラール産業の現在を概観するとともに、ハラール関連
    の国際会議での最新の議論を紹介する。

 11:10~11:30
   コーヒーブレイク

 11:30~12:00
   川畑 亜瑠真氏(京都大学大学院、日本ハラール協会研究員)
   「日本におけるハラールサービスの現状と課題」
    訪日旅行市場ではイスラム圏からのインバウンドはこれまであまり目立
    つ存在ではなかった。しかし、世界中でムスリム旅行者の存在感が増し
    ている中、東南アジアからの訪日旅行者に注目が高まりつつあり、ハ
    ラール食や礼拝場所の提供、 ムスリムホスピタリティーといった点に
    留意したハラールツーリズムという新しいサービスに注目が集まってい
    る。本講義ではムスリム対応サービスにいち早く 着手したNPO、旅行産
    業、外食産業の3事業者の事例を紹介し、日本におけるハラールサービ
    スの現状と課題を明らかにしていく。

  12:00~13:00
   阿良田 麻里子(「ぐるなび」 食の未来創成寄附講座特任助教)
   「食のハラール認識の多様性と食選択の戦略―インドネシアを事例に―」
    インドネシアは、国民の約9割をムスリムが占める世界最大のムスリム
    大国であるが、6つの公認宗教を認める多宗教多民族の国でもある。本
    講義では、多宗教多民族の混在するインドネシア都市部を事例としてと
    りあげる。
    グローバル化や近代化の潮流の中で、ハラール性に関してこれまでにな
    い新たな問題が様々な分野で起こる中で、一般消費者が食べ物の選択を
    する際に用いている戦略や、食のハラールに対する人々の認識の多様性
    を概観し、生活文化としての食のハラールのありかたを考える。
 
13:00~14:00 ハラール弁当試食会

5.お申込方法
 参加費は無料です。氏名・所属・連絡先・弁当予約の有無・弁当の種類を明記
 して、メールにてお申し込み下さい。
 申込先:gnavi.titech.kifu@gmail.com(ぐるなび寄附講座事務)

 弁当試食ご希望の方は、ご予約のうえ、実費を当日お支払いください。
 ハラール弁当は、二宮で注文する予定です。
 三種類(チキンジャワトマトカレー550円・ビーフスマトラカレー600円・
 ナシゴレン&鶏唐揚げ650円)のなかから一つお選びください。
 参考:http://ninomiyacorp.co.jp/food/item/pdf/itemCatalog.pdf

 定員:50名(申込締切2/18・先着順)
* 当日会場に余裕があれば、事前申し込みなしでもご参加いただけます。
  ただし、ハラール弁当の申し込みは2月19日以降は受け付けません。

<問い合わせ先>
東京工業大学大学院 イノベーションマネジメント研究科 
「ぐるなび」食の未来創成寄附講座
TEL:03-3454-8705/FAX:03-3454-8973 (担当:尾崎、阿良田)

« 前のページに戻る