Lab News
研究室ニュース

【新着図書・ジャーナル】 no. 34

2013.02.04

ジャーナル5本です。


1. Medical Anthropology Quarterly

vol. 26, 4, Dec. 2012  (オンラインで全て読めます。学内専用。)

International Journal for the Analysis of Health

AAA

 

2. Current Anthropology

vol. 53, 6, Dec. 2012  (2本程フルテキストにアクセスできます。が、ほとんどの論文はアブストラクトのみまので、研究室で閲覧ください。)

vol. 53, Supplememt 6, Dec. 2012 (フルテキストにアクセス可能。学内専用。)

 

3. Tate ETC. Issue 27- SPRING 2013 (研究室でお読みください。)

小冊子:TATE GUIDE Feb.- Mar. 2013/ How Lichtenstein madehis dots.

Tate / Twitter /  Facebook/ You Tube

[Lichtenstein: A Retrospective]

このドットが全て巨大なキャンバスの上に油彩で、膨大な時間をかけて描かれていることに驚く。白紙に黒い大小のドット(Benday dots、アミ)を均等に並べて濃淡を表現する技法は、1873年アメリカのthe New York Daily Graphic誌上にて初めて用いられた。大量の安価な複製が機械でどんどん印刷される時代に、リキテンスタインが選んだ題材はアメコミの一コマであった。彼はファインアートの技法と穴が並んだメタル・スクリーンを用いながら、「マスメディアに忠実に」安っぽい一場面と安っぽい印刷の質感を複製した。                              

大量生産・大量消費という現代社会の現実を切り取っていると評価される彼の絵画だが、それが再び印刷されるとあまりに精巧すぎて(皮肉にも?)アメコミの一コマにしかみえない。まさか油彩で描かれていて、何十億もするなんて…。リキテンスタインの凄さと偏執性を一番感じることが出来るのは、おそらくその実物を前に立った時なのだろう。今回のTate 展示には行けないが、東京現代美術館にも一枚あるようだし、機会があったら実物をぜひ観てみたいものだ。

 

4.  The New York Review of Books

February 7-20, 2013 • Volume 60, Number 2(ほぼ内容読めます)

 

5.  TLS February 7-20 2013(← 研究室でお読みください)

306558_10152265169572588_640562650_n.jpgContents_18_01_318239a.pdf

   In this week's TLS (30 January 2013)


  The Times Literary Supplement  / Facebook

« 前のページに戻る