Lab News
研究室ニュース

【VAF】民映研 1/26 アチックフォーラム

2013.01.25

VAFからの情報です。


■ 1月26日(土)上映『イヨマンテ -熊おくり-』
■ 前半期1月~6月までのラインナップ

┌─────────────────────────────
│今週1月26日(土)は『イヨマンテ -熊おくり-』上映
└─────────────────────────────

『イヨマンテ -熊おくり-』

◎1977年/103分/自主制作/制作協力 グループ現代・近畿日本ツーリスト・
              日本観光文化研究所/北海道沙流郡平取町二風谷

■■■ アイヌにとって最大の儀礼であるイヨマンテ。この儀礼には
アイヌの自然観、生命観が凝縮している。日高地方のアイヌによる
イヨマンテを準備から記録した長編。 
   
   写真などは民映研ブログまたはFBなどでご覧くださいませ。
   (http://deepjapan.blog55.fc2.com/

 イヨマンテとはイ(それを)・オマンテ(返す)という意味で、
熊の魂を神の国へ送り返すまつりをいう。アイヌ民族にとって、熊
は重要な狩猟対象であるとともに神であり、親しみと畏敬の対象で
あった。熊は神の国から、毛皮の着物を着、肉の食べ物を背負い、
胆(い)という万病の薬を持って、アイヌつまり人間の世界へ来て
くれる。そのお礼に人間界のお土産を持たせ、また来てくださいと
送り返すのだとアイヌは言う。

 1977年3月上旬、このイヨマンテは行われた。指導にあたったのは
二風谷アイヌ民族資料館の萱野茂さん。
「本物のイヨマンテを覚えておきたい」というアイヌの青年たちの
熱意に支えられて、まつりは実 現した。

~~~ * ~~~ ~~~ * ~~~ ~~~ * ~~~ 

 アチックの上映後は製作スタッフを囲んで、車座トーク!!
 ゲストは伊藤碩男※さん。

 ※伊藤碩男さんは、民映研創設メンバー三人衆(姫田・伊藤・小泉)
  のお一人。アチックフォーラムの名付け親。お楽しみに。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 開 場:13:30/上映 14:00~
 会 費:1,000円
 場 所:民族文化映像研究所
      東京都中央区日本橋馬喰町2-5-12 小沢ビル6F
 お問合せ:民映研事務局中川 TEL 03-6661-7161
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


┌─────────────────────────────
│■ 2013年1月~6月期 アチック・ラインナップ 
└─────────────────────────────

 ■ 1月12日(土) ・・・ 終了
  『山に生きるまつり』 No1
  ◎ 1970年/38分/自主制作/文部省選定/宮崎県西都市銀鏡

  『日光山地の鹿狩り』 No98
  ◎ 1995年/30分/栃木県立博物館委嘱/栃木県塩谷郡栗山村川俣

 ■ 1月26日(土)
  『イヨマンテ -熊おくり』No8
  ◎ 1977年/103分/自主制作/北海道沙流郡平取町二風谷 

 ■ 2月9日(土)
  『コガヤとともに -世界遺産登録記念』No99
  ◎ 1996年/54分/岐阜県白川村教育委員会委嘱/岐阜県大野郡白川村荻町

  『アイヌの丸木舟』No11
  ◎ 1978年/47分/自主制作/北海道沙流郡平取町

 ■ 2月23日(土)
  『越後奥三面 -山に生かされた日々』No50
  ◎ 1984年/145分/自主制作/新潟県岩船郡朝日村奥三面

 ■ 3月9日(土)
  『カタロニアの復活祭』No65
  ◎ 1988年/57分/自主制作/共同)コレジュ・ド・フランス/フランス・カ
タロニア地方

 ■ 3月23日(土)
  『アマルール -大地の人 バスク』No26
  ◎ 1981年作品/95分/自主制作/共同)コレジュ・ド・フランス/スペイ
ン・バスク地方 

 ■ 4月13日(土)
  『秩父の通過儀礼その2 -子どもザサラから水祝儀まで』No21
  ◎ 1980年/45分/委嘱 埼玉県教育委員会/埼玉県秩父郡皆野町三沢他

 ■ 4月27日(土)
  『たまはがね -子どもがひらいた古代製鉄の道』No101
  ◎ 1997年作品/85分/自主制作/福井県今立郡今立町

 ■ 5月11日(土)
  『茂庭のくらし -狩猟・漁労・採集』No92
  ◎ 1993年/52分/東北地方建設局摺上川ダム工事事務所・
    福島市教育委員会委嘱/福島市飯坂町茂庭

 ■ 5月25日(土)
  『新編 粥川風土記 -清流・長良川の源流域に暮らす』
  ◎ 2009年/84分/岐阜県郡上市美並町高砂

 ■ 6月8日(土)
  『那珂川の漁労』No94
  ◎ 1994年/30分/栃木県立博物館委嘱/栃木県那須郡馬頭町他

  『漁の世界 -海と新島1 』No105
  ◎ 1997年/39分/新島博物館委嘱/東京都新島村・本村・若郷

 ■ 6月22日(土)
  『寝屋子 - 海から生まれた家族』No95
  ◎ 1994年/57分自主制作/三重県鳥羽市答志

※ 上映スケジュールについて
アチックフォーラムは基本、第2・4土曜日開催。8月・年末年始は
お休みです。なお、スケジュールは都合により変更の場合もあります。
ご了承くださいませ。また、最新の予定は民映研のブログでご確認
頂けますと幸いです。


最後に~~~ * ~~~ ~~~ * ~~~ ~~~ * ~~~ 

■アチックフォーラムについて

アチックフォーラムは開設から32年。
映画を観ていただく場のみでなく意見・情報交換の場として
上映後の車座トークを続けてきました。

話すテーマの根底には“基層文化を考えるという”が
あるりますが、またその奥に共通してあるものは
暮らしの知恵から“人間を考える”でしょうか。

また2 012年以降は、より自分たちの足元を見つめるや
見直すといった思いをみなさまから感じております。

これからもアチックフォーラムが始まった初心と同じく
“記録映画の上映、そして映画をきっかけにして見知らぬ
人が集い話し合う場”を大事にしてゆきたいと思います。

           ご参加をお待ちしています。
                 民映研・中川美帆
 

« 前のページに戻る