• ホーム
  • 研究室ニュース
  • 【文化人類学会】 シンポジウム「現代の紛争をめぐる地域間比較研究に向けて」のお知らせ(12/9開催)
Lab News
研究室ニュース

【文化人類学会】 シンポジウム「現代の紛争をめぐる地域間比較研究に向けて」のお知らせ(12/9開催)

2012.11.30

大阪大学大学院人間科学研究科の藤井真一さんから「来たる12月9日、地域研究コンソーシアム(JCAS)次世代ワークショップとして「現代の紛争をめぐる地域間比較研究に向けて―アフリカとオセアニアの事例から考える」と題するシンポジウムを国立民族学博物館にて開催いたします」という案内が届きました。橋本栄莉さんや村尾るみこさんの発表も含まれています。アフリカ、オセアニアおよび現代の紛争問題に関心がある方は是非、ご参加ください。(k.k)


地域研究コンソーシアム(JCAS)次世代ワークショップ・プログラム

「現代の紛争をめぐる地域間比較研究に向けて―アフリカとオセアニアの事例から考える」
日時:2012年12月9日(日)13:00-18:00
会場:国立民族学博物館2階 第5セミナー室
プログラム:
13:00-13:15
藤井真一(大阪大学)「趣旨説明」
13:15-13:40
丹羽典生(国立民族学博物館)「アフリカ化論再考―オセアニアから紛争を考える比較の一視点として」
13:40-14:05
黒崎岳大(国際機関太平洋諸島センター)「マーシャル諸島共和国の政権の安定性と外交政策の展開」
14:05-14:30
比嘉夏子(京都大学)「民主主義の言説と若者の暴動―トンガ王国の事例を中心に」
14:30-14:55
藤井真一(大阪大学)「地域紛争への関わり方―ソロモン諸島の「民族紛争」をめぐって」
14:55-15:10 休憩
15:10-15:35
佐川徹(京都大学)「21世紀のアフリカ分割?―土地強奪が東アフリカ牧畜社会に与える影響」
15:35-16:00
橋本栄莉(一橋大学・日本学術振興会)「独立後南スーダンにおける民族集団間紛争の動態」
16:00-16:25
村尾るみこ(東京外国語大学)「自主的定着難民の食料生産―アフリカ南部アンゴラ移住民の50年から」
16:25-16:50
岡野英之(日本学術振興会・大阪大学)「政治的混乱のアフリカさ―サブ・サハラ・アフリカに対してあてがわれる政治的混乱に関する説明」
16:50-17:05 休憩
17:05-18:00 総合討論
主催:
地域研究コンソーシアム(JCAS)、京都大学地域研究統合情報センター
問い合わせ:
藤井真一(fujiishinnichi@gmail.com)
« 前のページに戻る