Lab News
研究室ニュース

セミナー「戦争の人類学再考」のお知らせ(10/12開催@大阪大学)

2012.10.11

大阪大学大学院より、セミナーのご案内です。

 
 
来たる10月12日(金)に、セミナー「戦争の人類学再考」を開催いたします。
お誘いあわせのうえ、ぜひご参加ください。
 
=====
 
このたび、チェコより高名な政治人類学者であるスカルニック先生をお招きし、大阪大学にて以下の通りセミナーを開催いたします。
みなさまお誘いあわせのうえ、ぜひ足をお運びください。
 
タイトル:戦争の人類学再考 (A New Look at Anthropology of War)
     ―現代世界の戦争と平和を中欧の政治人類学者とともに考える―
 
講師:ピーター・スカルニック(フラデツ・クラーロヴェー大学、チェコ共和国)
日時:2012年10月12日(金) 18:00~
場所:大阪大学人間科学研究科 東館106教室 ※地図はこちら
    ※英語講演となります。
    ※参加無料、予約は必要ございません。
 
要旨:
戦争は人類学的探究にふさわしい主題とみなされるべきである。このセミナーでは、地域の戦争と平和をめぐるダイナミズムについて論じてゆく。自身のガーナ北部における調査経験に基づきながら、他の地域紛争のデータも取り入れて、地域の戦争は国家の安定を揺るがしうる、とりわけそれは問題の国家が経済的な苦境にある場合において顕著であるという仮説を、分析を通して検証する。取り組もうとするもう一つの問いは、国家が民主主義体制/文民統治であるか、もしくは独裁者や軍人による支配であるかということが、地域戦争の発生に直接的に影響するというものである。かたや平和は、国家による包含の結果ではなく、戦争中の諸陣営を巧みに交渉の席へと着かせる外部者の、熟練した調停の帰結 である。しかしながら平和はまた、国家の安定的なレジームと連動した地域のパワーバランスにも依存する。鋭い民族的・経済的・宗教的な分割が存在する限り、いかなる国家も地域戦争を免れることはできない。平和と民主主義は、これら三つのファクターによって引き起こされる問題が解決されるか否かにかかっている。不均衡な人口増加もまた地域戦争を誘発しうる。本セミナーでは、戦争と平和の紙一重のバランスが厚みあるものとなり、発展のための平和へと向かってゆくような方途を提案する。
 
講師紹介:
1968年にチェコスロバキアCharles Universityにて哲学博士号を取得。政治人類学を中心に多数の著作がある。在レバノン大使も歴任。近刊に、2012: Postsocialist Europe. Anthropological Perspectives from Home. Oxford: Berghahn Books. Co-editor with L. Kürti. Paperback edition.など。業績はIUAESのプロフィールに詳しい。
 
主催:大阪大学超域イノベーション博士課程プログラム
共催:大阪大学大学院人間科学研究科人類学研究室
お問い合わせ(古川): f_fukachi@hotmail.com
 
 
Anouncement of Anthropology Seminar
Title:
A New Look at Anthropology of War
Thinking war and peace in modern world with political anthropologist from Central Europe
 
Presenter:Petr Skalník (University of Hradec Králové, Czech Republic)
 
Date: October 12th(Fri) 18:00~
    *No reservation required.
 
Summary:
 War should be viewed as a legitimate subject of anthropological 
inquiry. The proposed talk will address the dynamism of local war and 
peace. Drawing on author´s field experience in northern Ghana and 
bringing in data on other cases of local conflicts, the analysis will 
test the hypothesis that local wars can undermine state´s stability, 
especially if the state in question is in economic dire straits. Another
question I want to tackle is the direct dependence of outbreak of local
wars on whether the country is democratic/civilian ruled or ruled by a 
dictator or military. Peace on the other hand can be the result not of 
state’s involvement but of a skilled mediation by outsiders who manage 
to bring the warring parties to the negotiating table. However, peace 
also depends on the local balance of power combined with a stable regime
in the country. No country is immune from local wars as long as there 
are sharp ethnic, economic and religious divisions. Peace and democracy 
depend largely on the solution to the problems posed by these three 
factors. Unequal demographic growth may also trigger off local wars. The
paper will suggest the ways the thin balance between war and peace 
might thicken and tilt in favour of peace for development.
 
Profile:
 Professor Skalnic holds a Doctor of Philosophy from Charles 
University, Czechoslovakia. He has many works in Political Anthropology 
and other fields. Recently he published, 2012: Postsocialist Europe. 
Anthropological Perspectives from Home. Oxford: Berghahn Books. 
Co-editor with L. Kürti. Paperback edition. See his profile also in IUAES website.
 
Organized by:
Cross-Boundary Innovation Programand Department of Anthropology
Osaka University
Contact: f_fukachi@hotmail.com
 
=====
« 前のページに戻る