慶田研究室ニュース

【VAF】《交叉する震災と芸能》ドキュメンタリー映画 連続公開!第一弾の『海の産屋 雄勝法印神楽』

VAF経由、ヴィジュアルフォークロアよりお知らせです。

《交叉する震災と芸能》ドキュメンタリー映画 連続公開
 
震災1年後と6年後の三陸からおくる “春を呼ぶ” 渾身の2部作
東日本大震災からまもなく7年となる2018年正月。《交叉する震災と芸能》と題して、震災1年後と6年後の三陸から2つの神楽団体の営みを伝える『海の産屋雄勝法印神楽』(宮城県)と『廻り神楽』(岩手県)を東京・ポレポレ東中野で公開!宮城と岩手の被災地を舞台に、数百年間人々の心の支えとなってきた民俗芸能の底力を描いたドキュメンタリーです。
手塚眞(ヴィジュアリスト)、岡野玲子(『陰陽師』作者)、中沢新一(思想家・人類学者)ら多彩なトークゲストを迎え「震災と芸能」を深堀りします!
 
第一弾の『海の産屋 雄勝法印神楽』は、宮城県石巻市雄勝町で600年以上続く雄勝法印神楽(おがつほういんかぐら)を取り上げた作品。東日本大震災の大津波で46軒中1戸だけを残し被災した漁村立浜(たちはま)で、神楽を復活させようとする漁師たちの奮闘を描きました。流失した一切の神楽面と祭具を作り直し、何もない海辺の居住地跡に建てた舞台に、復興を願う神楽の音色が希望を告げる産声となって鳴り響きます。
監督は『ほかいびと伊那の井月』の北村皆雄と戸谷健吾。撮影は大震災翌年の2012年で、人々を勇気づけ絆を取り結ぶ芸能の底力を描きだしました。
 

2018年1月2日より東京・ポレポレ東中野で公開です!

ニュース一覧に戻る