慶田研究室ニュース

【日本文化人類学会】2018年1月20日 早稲田文化人類学会第19回総会・シンポジウム

日本文化人類学会経由で早稲田文化類学会よりお知らせです。

早稲田文化人類学会第19回総会・シンポジウム

【日時】2018年1月20日(土)11:20~17:20(※ 10:50開場)

【会場】早稲田大学 36号館382教室(戸山キャンパス)
【交通アクセス】地下鉄東西線「早稲田」駅下車 徒歩5分
●事前の申し込み不要・参加費無料・非会員も参加可能
 
【プログラム】
1.研究発表 11:20~13:20
 
伊禮良栄(沖縄県立那覇西高等学校)
「三線」で奏でる沖縄音楽に関する文化人類的考察―沖縄にとって「三線」とは何か
 
海老澤圭(早稲田大学大学院 文学研究科)
ラオス人民民主共和国の都市部における食文化―伝統と革新の狭間にある食生活の一事例
 
高梨知揚(東京有明医療大学 保健医療学部)
がん緩和ケアにおける鍼灸治療にみる儀礼的側面
 
齋藤正憲(埼玉学園大学 人間学部)
呪術師4人―バングラデシュのコビラージュとパゴール
 
2.総会 13:50~14:20
 
3.シンポジウム 14:20~17:20
 
テーマ 「超-人類学」 ―この時代を生きるために
 
パネリスト
 
小田マサノリ(中央大学ほか 非常勤講師)
人類学を“ルーツ”にする―雑(種の)学としての人類学のちから
 
梅田夕奈(都立松沢病院)
人生の外への出方―生物医学とのはざまで
 
久保明教(一橋大学大学院 社会学研究科)
パケットの中の他性―『ポケモン』と外部なき世界の人類学
 
コメンテーター
松村圭一郎(岡山大学大学院 社会文化科学研究科)
 
コーディネーター・司会
木村周平(筑波大学 人文社会系)
 
懇親会 18:00~20:00
 
会場:イル・デ・パン
会費:一般4,000円、学生2,000円
参加申込方法:総会会場にて当日受付
【お問い合わせ先】
早稲田文化人類学会事務局
vita[at]list.waseda.jp([at]を@に変換してください)
 

 

ニュース一覧に戻る