慶田研究室ニュース

【VAF】写真展「カトマンズ盆地のいまむかし〜ネパール大地震から2年半 〜」

Visual Anthropology Forum経由で、立命館大学映像学部の鈴木岳海先生からお知らせです。

立命館大学映像学部の10周年事業 写真展「カトマンズ盆地のいまむかし〜ネパール大地震から2年半 〜」
 
2015年4月25日おきたネパール大震災から2年半がたちまし た。その間、ネパールの社会情勢やインフラなどに大きな変革があ りましたが、震災からの復興はまだその途上にあります。本写真展 では、自らも被災した写真家アムリット・ヴァジュラチャリヤさん が10年以上にわたって撮影してきたカトマンズ盆地に住むネワー ル族の生活文化を、都市と村ごとに震災前から震災時、そしていま の様子を伝えます。
 
開催期間:11月1〜4日、10時〜17時まで。
参加費:無料
会場:京都市 壬生寺、千体仏塔1階礼拝堂
アクセス:阪急大宮駅からもあるいて10分ほど
 
・アムリット・ヴァジュラチャリヤさんのプロフィール
ネパール・パタン生まれ。17歳から写真スタジオに勤務。ポート レイトの分野で多数の受賞歴をもつ。その後、カトマンズ盆地に住 むネワール族の生活文化を精力的に記録するようになる。1999 年には日本で東京綜合写真専門学校・研究科に課程入学。2005 年のコニカミノルタプラザをはじめ、日本各地で個展が開催される 。2006年にはネパールで最も有望なカメラマンとして受賞。 2008年には姉ソヴァナと『Khokanaに暮らす〜カトマンズ 盆地 コカナ村の奇跡〜』を椋鳥書房から出版。ネパールにおいて”Ja raunhiti-the holy water tank”を出版し、プロ写真家としてだけではなく、民俗写真家 としての活動を続けている。
20171101_04写真展01mini.jpg 20171101_04写真展02mini.jpg
ポスターの詳細は立命館大学映像学部HPへhttp://www.ritsumei.ac.jp/cias/voice/article.html/?id=536
ニュース一覧に戻る